<写真>DREAMS COME TRUE 日本国内では25年ぶり、本州では129年ぶりに観測することができる金環食。その前日となる5月20日、DREAMS COME TRUEのスペシャルイベント「yorimo presents DREAMS COME TRUE みんなで金環食する? LIVE 2012 ~CREATE THE FUTURE~」東京公演が、幕張メッセ国際展示場9-11ホールにて開催された。
 1990年にリリースされたアルバム「WONDER 3」収録曲「時間旅行」で吉田美和さんが歌った<指輪をくれる? ひとつだけ 2012年の金環食まで待ってるから>という歌詩から実現した今回のライヴ。当時この曲を聴いたリスナーは、はるか未来の出来事に想像もつかなかっただろう。だが、DREAMS COME TRUEの2人は約束を守ってくれた。22年の時を超えて、誰もが待ち望んだ日。なにより客席の熱気がその興奮を伝えてくれる。
 まずはステージ企画者であるヨヨヨことyorimoの依田さんと中村正人さんによる軽妙なトークに続いて、神秘的な宇宙の映像をバックに、壮大な交響曲にアレンジされた「時間旅行」のオーケストラバージョンが流れてロマンティックなムードが最高に高まったところで本編スタート。
 金環状に輝くライトを背にしたステージにパフォーマー3人を伴って吉田美和さんが現れると、1曲目「SUNSHINE」から圧倒的なパフォーマンスが展開。MCで吉田さんが「明日もし曇ったらマサくんのせいだからね?」とおどけると、「私の念力で雲をはらってみせましょう」と応える中村さん。さらに吉田さんの近況を報告すると「おめでとう!」の大歓声が客席から沸き、2万人のオーディエンスで超満員の会場は幸せな空気に包まれる。
 続いて披露したのは、16日にリリースしたばかりの最新シングルよりタイトル曲「MY TIME TO SHINE」。<あなたに会うために 傷ついて 失って さまよって ここまで来たのだから IT'S MY TIME TO SHINE 輝く番>と力強く歌い上げるドリカム流の最新型ラヴソングに会場中の誰もが魅了された。
 その後も「GODSPEED!」「大阪LOVER」 とアップテンポなナンバーを連発。左右に手を振って、会場の一体感はますます高まっていく。宇宙や空をテーマにした楽曲のコーナーでは「銀河への船」や「星空が映る海」など懐かしいナンバーも挟みつつ、「まだまだいくからね」と客席を煽ると、「その先へ」「何度でも」と強力なナンバーを連発。その光景を目の当たりにした中村さんの「まさにこの会場のことです!」という紹介を受けて、最新シングルから2曲目となる新曲「愛がたどりつく場所」を披露すると、いよいよライヴは佳境に。
 ラストはもちろん「時間旅行」。イントロが流れると同時に会場中から歓声があがった。この曲の持つ運命感に導かれて、いま、メンバーもファンもこの場所にいる。22年前、こんな素晴らしい日がやって来ることを誰が想像できただろうか。<指輪をくれる? ひとつだけ 2012年の 金環食まで待ってるから>と歌いながら、何度も目頭を押さえる吉田さん。後半の<どうしたら伝えられる?>からアカペラで歌い上げる姿は実に感動的だった。
 鳴り止まぬアンコールの拍手に応え、再び熱狂的な空間に現れたメンバーは、ニューシングルから3曲目となる「想像を超える明日へ」を披露。22年の時を超えて実現したこの日にふさわしい素敵なメッセージとなった。
 フィナーレを飾るのは最強のキラーチューン「うれしい!たのしい!大好き!」。「うれしい!たのしい!」と歌うと「大好き!」と大声で返してくれる2万人の観客に何度も何度も「ありがとう!」と感謝の言葉を伝える吉田さん。なお、次に日本で金環食が観られるのは、18年後の北海道とのこと。「また18年後に北海道でこのイベントやろうか?」と中村さんが提案すると、再び大きな歓声があがった。
 10月からは全国アリーナツアー「裏ドリワンダーランド 2012/2013」の開催も決定している。