<写真>ステレオポニー 初となる米国ツアーを行なった女性3人組バンドのステレオポニーが米国進出を加速させている。先日行われた米国でのツアーではロサンゼルスの老舗ライブハウス「Key Club」で公演を開き、アヴリル・ラヴィーンさんのサポートでありプロデューサーのエヴァン・トーベンフェルドさんが噂を聞きつけ来場したほど。
 その見た目と違うロックなライブに惚れ込み終演後、楽屋にエヴァンさんが訪れ、その場で楽曲の制作が決定した。ツアー後に再度打ち合わせが設けられ、楽曲の構想まで完成した。
 一方、Boy Like GirlやKaty Perryさん等のプロデューサーであり、少女時代の大ヒット曲「TAXI」を作った作家でもあるサム・ホランダさんもアメリカスタッフから届いていたステレオポニーの音源を聞き、プロデュースをしたいと連絡が入り、ロサンゼルスで会うことになった。
 完成したばかりの「stand by me」や「狼」のミュージックビデオを見て、「COOL !」「普段はどんな音楽を聴いているの?」「楽曲はどうように作っているの?」とメンバーを質問責めにした。こちらもその場で新しい楽曲についての制作の話となり、楽曲のイメージまでもがここで固まったという。これらの楽曲に関してのリリースは現在未定だが、勢いのあるステレオポニーから今後も目が離せなさそうだ。
 なお、彼女達の久しぶりの新曲「stand by me」が5月30日に発売となる。ロック色をより濃くし、疾走感溢れるこの楽曲は、この楽曲はMBS系で現在放映中のアニメ「エウレカセブンAO」のエンディングテーマになっている。