<写真>Superfly&トータス松本 今年、4月4日に5周年を迎えたSuperflyと5月13日でウルフルズのデビューから20周年を迎えるトータス松本さんのコラボレーションが実現、デュエットソングをリリースする事を発表した。そしてその楽曲が「フジテレビ系 ロンドン五輪(オリンピック)テーマソング」に起用される事となった。
 この強力コラボレーションの経緯は、以前からトータスさんと一緒に歌ってみたいと思っていたSuperflyの志帆さんが約2年前に、出会った際に「いつか一緒に歌いたい!」と伝えており、トータスさんも「いつかね!」と話をしていた。そんな中、今年に入ってから、トータスさんがフジテレビからオリンピックテーマソングのオファーを受けた。トータスさんが気持ちよくシャウトできる歌、誰かと一緒に歌える歌(デュエットソング)を作ろうか…と楽曲の方向性を考え始めた頃、以前、一緒に歌おうと話していた志帆さんの歌声を思い出して、あの話を実現してみない?と連絡。もちろん志帆さんは快諾し、制作をスタートさせたという経緯である。
 まずはトータスさんのイメージしたものを形にしていき、志帆さんのアイデアもとり入れながら楽曲が完成。やりとりを重ねる中で、トータスさんは、昨年ゴスペルツアーを行い、志帆さんも昨年のアリーナツアーでゴスペルパートを設けるなど、ゴスペルという共通点を持った2人の間で楽曲の方向性が固まっていった。
 アレンジとプロデュースには「タマシイレボリューション」などでSuperflyのアレンジ、プロデュースもしている蔦谷好位置さんを迎え最強の楽曲が完成。
 そしていざ、レコーディングをスタートさせると、2人のボーカルのぶつかり合いはまさに圧巻。二人はお互いが見えるボーカルブースに入り、2人同時に一発録りで歌入れを行ったが、まさに“最強ボーカリスト対決”と言わんばかりのパフォーマンスを見せつけた。その歌声にはスタジオにいたスタッフ全員が興奮し、感動するほどのパワーがみなぎっていた。
 今回の競演に対して2人は以下の通り感想を語っている。
 Superfly「声チカラのいっぱい詰まった作品だと思います。絶対一人では生み出せない、普段の何倍ものパワーを注ぐ事ができました。思わず笑顔になれる、思わずチカラが涌いてくるそんな曲だと思います。選手のみなさん、そしてこの曲を聴いてくれた方にパワーが届きますように」
 トータス松本「男と女が歌っています。それだけでも熱いのに、これは熱い男と女が歌っています。声をそろえて歌っています。身振り激しく歌っています。こんな歌は、なかなかないと思います」