<写真>東京女子流 高い楽曲評価とがっちり見せるダンス&ボーカルのパフォーマンスが人気の5人組ガールズグループ、東京女子流が4月30日、本人たちが初上陸の北海道・札幌cube gardenを皮切りに「2nd JAPAN TOUR 2012 ~Limited addiction~」をスタートさせた。
 東京女子流として2回目となるジャパンツアーは東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台の全国6都市で開催。最終日の東京・日比谷野外音楽堂のチケットは指定席が完売。現在、立ち見席の一般販売をスタートさせるなど注目度があがっている。
 今回、東京女子流として初めての北海道。そして、骨折で3カ月ほどダンスに加われていなかった小西彩乃さんも完全復活。「お客さんがどのくらい集まるのか不安だった」というメンバーの声とは裏腹にチケットは完売。初めて東京女子流のライブを見るというお客さんが多い中、本人たちの可愛らしいキャラクターとは違う、圧倒的なパフォーマンスに北海道のファンは盛り上がった。
 アンコールを含めて2時間を超える全22曲のパフォーマンスを披露。ダンス曲だけでなく、5月23日にリリースを控えるバラード「追憶 ?Single Version-」をしっかりと歌い上げる5人の姿に確実な成長を感じた。現在、人気アニメ「はなかっぱ」のエンディングテーマになっている新曲「大切な言葉」も初披露。手にキャラクターのパペットをつけてモノマネをやってみせるなどファンは大満足だった。
 このあと東京女子流は各地を回り、5月20日にコンサートという扱いとなるファイナルを日比谷野外音楽堂で迎える。最終日ということで新たな楽曲の歌唱や重大発表があるとのことなのでファンにとって最重要なライブとなりそうだ。