音楽を諦めかけたドリカム(2012年5月3日)

「アシタスイッチ」でデビュー当時を振り返るドリカム

 DREAMS COME TRUEの吉田美和と中村正人が4月下旬、『アシタスイッチ ~ MY TIME TO SHINE ~』(CBC/TBS系、日曜夜11時30分から)の収録に挑み、中村が音楽をあきらめて芸能界でマネージャーになろうとしていたのを吉田が阻止したなど、興味深い過去を明らかにした

 2012年の金環食イヤーに精力的な活動を続けるDREAMS COME TRUE。5月16日には約1年半振りとなるニューシングル「MY TIME TO SHINE」をリリース。今作に収録される2曲「MY TIME TO SHINE」がファンケル無添加スキンケアCMソング「愛がたどりつく場所」がミスタードーナツ新ドーナツソングとして発表されているなか、シングル3曲目に収録される「想像を超える明日へ」にもビッグタイアップが付くことが決定した。

 この「想像を超える明日へ」はDREAMS COME TRUEとトヨタ・エスティマハイブリッドが贈る「CREATE THE FUTURE PROJECT」のプロジェクトソングで、その全貌は近日発表されるとの事なので引き続き注目だ。この楽曲は5月16日のCD発売に先駆けて、5月2日から着うた、9日からiTunes Store先行配信がスタートする。

 更に、CBC/TBS系で日曜夜11時30分から放送している『アシタスイッチ ~ MY TIME TO SHINE ~』(CBC製作TBS系全国28局ネット)のトークゲストとして、番組のテーマソングも担当している吉田美和と中村正人が5月13日・20日の2週に渡り出演することが決定した。

 そのVTR収録が4月下旬、東京・渋谷の街並みが一望できるお洒落なイタリアンレストラン『sumile TOKYO』で行われた。

 ■音楽をあきらめかけた

 1989年に結成されたDREAMS COME TRUEだが、吉田と中村がテレビのトーク番組にこのような形で共演するのは初めて。2人のトークは中村の仕切りで澱みなく進んでいった。序盤戦で吉田は、故郷北海道での少女時代を振り返った。家族や高校の友人たちとの興味深いエピソードを披露し、そして音楽とどのように出会い、どのように向き合ってきたのかを丁寧に語った。“吉田美和”という類まれなアーティストが誕生した背景が明らかになる。

 さらにトークは吉田が上京したときの戸惑いや、中村と出会ってDREAMS COME TRUEが結成されるまでのエピソードへと展開。2人がバンドを結成したのは、中村が音楽をあきらめて芸能界でマネージャーになろうとしていたのを、吉田が阻止するためだったという知られざる逸話は興味深い。

 そして2人は曲作りの方法や、生み出した楽曲への思い、これからのDREAMS COME TRUEの方向性について語りあう。最後に「人生でアシタ輝くための方法」について、2人はそれぞれの考えを披露。吉田は自分の心を確かめながら、丁寧に言葉を探してその思いを表現する。しかし、トーク終了後のインタビューで、吉田はこの表現が不満足と吐露。逆に中村は「それこそが(人生)の真実」と、吉田の言葉を絶賛し番組を締めくくった。

 果たしてその言葉とは?『アシタスイッチ ~ MY TIME TO SHINE ~』5月13日・20日放送分は、上記トークVTRをスタジオMCの田辺誠一、中田有紀らが視聴。DREAMS COME TRUE、そして吉田美和、中村正人の輝きの理由を彼らなりの視点で分析していく。2人のプレミアムなトークは必見と言えそうだ。