<写真>加藤ミリヤ 今夏、コカ・コーラが展開する「2012年 ロンドンオリンピック」とのキャンペーンにおいて、加藤ミリヤさんがキャンペーンソング「HEART BEAT」を歌うことが明らかになった。
 コカ・コーラでは、“MOVE TO THE BEAT”というアイデアに基づき、グラミー賞受賞音楽プロデューサーであるマーク・ロンソンさんのプロデュースによるグローバルキャンペーンソング「Anywhere in the World」を制作。「HEART BEAT」は、そのグローバル楽曲からインスピレーションを受け制作が実現した、日本オリジナルのキャンペーンソングだ。
 「私の歌だけでなくアスリートのエナジーも感じてもらえるような、思わず踊りたくなる一曲」。加藤さんがそう語る楽曲は、「Anywhere in the World」のアイデアを踏襲し、オリンピック競技に取り組むアスリートが奏でた“ビート”(競技音/鼓動/息遣いetc…)を楽曲内に取り入れた、これまでにはない新しい楽曲作りに挑戦している。更に、女子ボクシング選手・伊藤沙月さんの協力を得て、スパーリング中の音まで効果的に使用したポイントにも注目したい。
 制作にはm-floのTakuさんを迎え、“MOVE TO THE BEAT”という言葉によって象徴される「コカ・コーラ」とオリンピック両者に共通するポジティブでエネルギッシュなビートを伝える強力な楽曲に仕上がっている。
 そして、4月22日に大阪で行われるオリンピック体験イベント「Coca-Cola London Challenge」(コカ・コーラ ロンドン チャレンジ)会場内にて、加藤さん本人によるライブパフォーマンスでの初披露も決定している。