<写真>九州男 今年デビュー5周年のアニバーサリーイヤーを迎えた九州男。『九州男5周年記念スペシャルライブ「1回限りの1本勝負 in 武道館 ~白帯から黒帯への軌跡~」』と題して、4月13日に、桜に囲まれた日本武道館で、自身初となる日本武道館スペシャルワンマンライブを開催した。
 “スペシャルライブ”とは、こういうライブのことを言うのだろう。そこには、5周年ならではの、日本武道館ならではの、「思い出」と「未来」と「感謝」が詰まった、本当に特別なライブだった。
 冒頭は、和太鼓のオープニングでスタート。そして、九州男が登場するや、超満員の武道館は、絶叫に包まれる。観客の誰しもが、この「瞬間」を待っていたことを感じる。ド頭のアッパーチューンで、いきなりそのボルテージは、ピークに達していた。
 昨年秋のZepp Tourと同じメンバーを従えてのバンドセットは、さらに厚みを増し、バンドならではの圧倒的なグルーブを放ち、また、九州男のライブに欠かせないダンサーJunko☆を中心とした総勢6名のダンサーが、プラスオーラのエネルギーを届けまくっていた。
 「日本武道館でライブをやることは、目標のひとつだった」「でも、目標を達成したという実感は無く、日本武道館という“おもちゃ”で、今日はただただ楽しみたい。骨の髄までむしゃぶり尽くして楽しもうと思う」のMCの後、「Come In Now !」では、九州男のライブに欠かせないHORITARO~も登場。「みんな!九州男を愛してるか~!?」の掛け声とともに、会場は、さらにプラスエネルギーのスパイラルへ。圧巻のステージが続いた。
 今回のライブには、RED RICE(from 湘南乃風) / BIG RON / hiroko(from mihimaru GT) / lecca /MICRO, KURO from HOME MADE 家族 / C&K と6組のアーティストがスペシャルゲストとして出演。今まで九州男とゆかりのあるアーティストが集結。
 フィーチャリングアーティストが存在する楽曲は、当然のことながら、そのフィーチャリングアーティストがいないとオリジナルは聴くことが出来ない。「今しか聴けない」名曲の数々が、これでもかと武道館を包み込んでいった。
 印象的だったのは、今回も、観客の多くが、ほとんどの曲を、みな時に口ずさみ、時に大合唱していること。それは「名曲」の必要十分条件を満たしていることを確認する感動的なシーンだったし、観客の日々の生活の中に、九州男の曲が“存在していること”を実感した瞬間だった。
 そして、武道館超満員の大観衆が、いつものライブと変わらず「九州男タオル」をぶん振り回したり、大きくかざしたりする姿は、圧巻だった。
 「みなさんの新たなスタートが素晴らしい未来へと繋がって行きますように」と綴ったMCの後、名曲「桜道」では、桜が舞い、「一撃」「ONE」「KEEP MY WAY feat.C&K」では炎が上がる。そのスペシャルな演出も、5周年ならでは、武道館ならではか。
 気が付くと、今回も、長尺となる約3時間のライブ。全23曲。その時間はあっという間に過ぎて行った。そこには、「5周年」を“みんな”で祝福する「特別な空気」が充満していた。
 終始、観客のハッピーな笑顔に包まれ、そして、その幸せを噛みしめて歌うように見える九州男の姿。最後のMCで、「自分の存在の意味を知れたような気がします。存在の意味って、頭で考えるものじゃなくて、感じるものなんだなってあらためて思いました。それもこれも、この武道館に立つ決心をして、本当に良かったなって思います。みんなも、ここで今日感じたことを、それを何かの答えと、よかったら繋げていって、新たな前に進めるようにね、このライブが後押しになれればと願っております。と語った九州男。
 デビュー5周年イヤー。2012年4月13日。日本武道館。それは、いつもと変わらない最高のステージであり、そして特別なステージだった。そこには、九州男の今までへの「感謝」、お客さんへの「感謝」を感じずにはいられない感動的なライブであり、そして、観客からの「九州男、5周年おめでとう!」の気持ちが満ち溢れた特別な空間だった。
 数あるライブの中で、後になって振り返ると、「節目だった」と思えるライブがあるものだが、きっと今日のライブがそれだったに違いない。そう思える、まさに「スペシャル」な空気に満ちたスペシャルなライブだった。