<写真>Superfly 4月4日にデビュー5周年を迎えたSuperflyが同日に、都内レコーディングスタジオから、Ustreamとニコニコ生放送の中継を行った。
 このスタジオはいつもSuperflyがレコーディングを行っているスタジオであるが、今日は「Superfly」という文字をかたどった大きな電飾が飾られ、床にはカーペットが…そして足元には色とりどりの照明が置かれ、レコーディングスタジオが雰囲気のあるライブ会場に一遍した。いつもレコーディングしている雰囲気をみんなに見てもらいたい…みんなと5周年を祝いたい…という本人の希望からこのスタジオライブが実現した。
 この企画には「Superfly TV」というタイトルが付けられているが、実は昨年リリースされた3rd アルバム『Mind Travel』時に立ち上げた企画である。生中継をしながらリアルタイムでファンの声を聞きつつ、志帆さんのトークを繰り広げるという内容であるが、大好評だったため、今回、記念すべきデビュー日に復活する事となった。今回はUstream他、ニコニコ生放送でも生中継し、1部は初のスタジオライブ中継、そして2部はトークパートという2部構成で行われた。
 午後10時になり、いよいよスタジオライブスタート。腰まであった、トレードマークの長い髪をバッサリ切った志帆さんが登場。サポートメンバーはSuperflyのツアーやレコーディングを一緒に行っているメンバーたち。ドラム・ギター・ベース・コーラス・キーボードのサポートメンバー7名と共に登場した。
 1曲目は2007年4月4日にリリースされた、Superflyのデビュー曲『ハロー・ハロー』を熱唱。「4月4日はシフォー(志帆)の日!!Superfly5周年を迎えました!!」と笑顔で語った。
 続いて2曲目は、昨日4月4日にリリースされたDVD・Blu-ray『Shout In The Rainbow!!』(昨年末に行われたSuperfly初のアリーナツアーを収録)の初回盤に封入されているシングル『さすらいの旅人』をパフォーマンス。そしてこの曲のパフォーマンス後には、本人から嬉しい報告が!!
 「2012年9月19日に4枚目のアルバムをリリースします。タイトルは『Force(フォース)』です!!タイトルは4th(フォース)にかけたのと、Force(フォース)=力強いアルバムにしたいという気持ちから付けました」と力強く言い切った。そして、最後にレコーディングしたばかりのファンキーな新曲『平成ホモサピエンス』を熱唱。
 「まだアルバム曲は1曲しかできていないんですけ(笑)、そんな1曲を歌います!!Forceは力みなぎるアルバムになります!!」と4thアルバムに向けての意気込みを語った。
 そして10分間の休憩をはさみ、「SuperflyTV」の第2部のトークが繰り広げられた。リスナーからの質問に答えながらのトーク。ここでは、35公演のホールツアーが行われることも発表された。「もう1曲!!」「アンコール!!」というコメントが多数寄せられ、そんなリクエストに応え、最後にもう一曲『愛をこめて花束を』をアコースティックでパフォーマンスした。4thアルバムを期待するファンの声で溢れかえった。