<写真>さくら学院 成長期限定ユニット、さくら学院が3月25日、東京・日本橋三井ホールでイベント「さくら学院 2011年度 卒業 ~旅立ち~」を開催した。この日の17時30分からの公演を最後に中等部3年の武藤彩未、三吉彩花、松井愛莉がグループから卒業。“教室エンターテイメント”というコンセプトにふさわしい数々の演出に加え、現メンバーでのラストライブという特別な1日となった。
 ライブはまず、ポジティブな気持ちに溢れたアップチューン「FLY AWAY」「チャイム」からスタート。晴れやかな笑顔と元気いっぱいの歌声、さらなる成長を感じさせるダンスによって、ステージが華やかに彩られていく。この2曲だけで、彼女たちのパフォーマンスが確実に進化していることがまっすぐに伝わってきた。「12人の集大成を見せるつもりで、できる限りがんばります!」という生徒会長・武藤の挨拶を挟み、部活動(グループ内ユニット)コーナーへ。「Twinklestars(バトン部)」「ミニパティ(クッキング部)」「Sleepiece(帰宅部)」「SCOOPERS(新聞部)」「BABYMETAL(重音部)」がそれぞれ個性的なアクトを見せる。こんなにカラフルな魅力を持ったアイドルグループは、ほかにはない。そのことを改めて実感できる瞬間だった。
 '10年から'11年までの活動を振り返るVTR、メンバー全員の心地いい合唱から始まった「School days(合唱Ver.)」、卒業生3人による「3.a.m.」によって、ライブは少しずつ“卒業式モード”に。「さくら学院の曲とはぜんぜん違っていて、ダンスもカッコいい!」(中元すず香/中2)という感想に対して、松井が「最初は3人だけで大丈夫かなーって思ってたんですけど、すごく楽しくできました!」と答える。彼女たちが一緒にステージに上がるのもこれが最後。そんな寂しさがゆっくりと広がっていく。
 フォークダンスを取り入れた2ndシングル「ベリシュビッッ」によって、ライブはクライマックスへ突入。まっすぐでピュアなボーカル&コーラス、次々とフォーマットを変えながら繰り広げられるダンス・パフォーマンス。この2年間で12人は、こんなにも大きく成長した--そのことがダイレクトに感じられて、早くもジーンと来てしまう。さくら学院のテーマソングとも言える「message」のとき、すでに涙ぐんでいるメンバーも。お別れの時間は、もうすぐそこまで迫っている。
 本編終了後は、ついに卒業式へ。“校長”の倉本美津留(演出家、放送作家)が、小学校を卒業する菊地最愛、田口華、水野由結、そして、武藤、三吉、松井に卒業証書が手渡す。さらに在校生代表の中元すず香(中2)が「みなさんは本当のお姉さんのように私たちの大きな支えと、確かな手本になってくださいました」と送辞を述べ、武藤が「ステージの上で、みんなと心が1つになる瞬間が大好きでした」「私たちは、自信を持って、この学校は日本一、いや、世界一ステキな学校だって言うことができます」と答辞を読み上げると、メンバー全員が号泣。会場は大きな感動で包まれた。
 アンコールでは、涙を拭き、清々しい表情で「旅立ちの日に~J-MIX~」「See you...」を力いっぱい披露。最後に卒業生の3人が「言葉には表せないほど、感謝でいっぱいです」(松井)、「忘れられない2年間になりました。ファンのみなさん、やさしく、温かく接してくれて、ありがとうございました。大好きです!」(三吉)、「これはお別れではありません。私たちは自分の夢に向かって旅立ちます!」(武藤)と挨拶、この記念すべきライブを終えた。  
 まさに2011年度の締めくくりにふさわしいステージを作り上げた12人。これからスタートする2012年度のさくら学院も、さらに素晴らしい活動を見せてくれるはず。健やかに成長していくメンバーから、これからも目が離せそうにない。