<写真>Metis 昨年3月11日の東日本大震災で大きな被害に遭った宮城県・七ヶ浜町の被災ピアノを自費で修理し復活させたMetisが、3月23日宮城県七ケ浜国際村ホールで公開リハーサルを行い、会場には300人を超える人が集まり被災者からは感謝や喜びの声があふれた。
 持ち主の鈴木由美さんは「ピアノがこのホールで音を奏でてもらうのが夢だったので嬉しいです。」。
 Metisは「約1年前に初めて訪れた避難所だったので、町のみなさんと約束を果たせてよかったです。これからもこのような活動を継続をしていきたいと思います。」
 また翌日3月24日には、経済産業省主催「こどもコ・フェスタ」という支援イベントでMetisは2ステージ参加し、「人間失格~生きる事は素晴らしいのです~」、そして「太陽 みんなを照らせ」を披露し、被災ピアノとの最後のパフォーマンスとなった。このピアノは後日七ヶ浜公民館に寄贈される事が決まっている。