<写真>マキシマム ザ ホルモン マキシマム ザ ホルモンの“ライヴハウス無料イベント”『MASTER OF TERRITORY~俺たちにマスはある』が遂にそのベールを脱いだ。
 昨年3月に出たシングル「グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011~2011」に封入されていた謎の応募券A賞に当たった人たちが一堂に会した。渋谷AXを贅沢に2日間貸し切り、ライヴ前日はメンバー、スタッフ総動員で仕込み作業に専念。2階は親子席、1階はテープでマスがきれいに区切られ、中央にカオスエリア、左右にガヤエリア、後方にペアエリア、最後方には障子付きの屏風(指で穴を一つ開けていい)で仕切られた補欠エリアも用意され、準備万端。
 そして当日は開演時刻19時にPV「小さな君の手」がスクリーンで流れた後、ライヴは「maximum the hormone」で始まり、ホルモン側の仕掛けで白鳥の着ぐるみでヘドバン、フライング・シューズ(ピョンピョン飛べる靴)やアクティヴ・スウィング(健康器具)でマス内で暴れる観客もあり、場内には奇妙なカオスが渦巻いていた。
 途中で“トラップ発動”がスクリーンで告知され、「恋のスウィート糞メリケン」のナヲ・パートを選ばれし観客が歌うなど、お楽しみ要素も満載だった。アンコールでは全マスが解放され、「mygirl」、「握れっっ!!」で観客はもみくちゃになって大合唱となり、全18曲2時間に渡る前代未聞のショウは幕を閉じた。
 今回のイベントはシングル「グレイテスト~」の応募券A賞にあたり、ほかにB賞メンバーと一緒にお泊り、C賞リングなどが様々なアイテムが用意されている。