<写真>ブンブンサテライツ 国内外で活躍するロックバンド、ブンブンサテライツが大人気映画アニメ「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」episode5の主題歌を担当することが決定した。
 メガヒットし続けている「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」シリーズの主題歌には歴代、栗山千明(CHiAKi KURiYAMA)、Kylee、ケミストリー、earthmindが担当してきたが、episode5では初めて英語詩楽曲のブンブンサテライツの「BROKEN MIRROR」が主題歌として起用される。
 新曲「BROKEN MIRROR」は、ブンブンサテライツがepisode5「黒いユニコーン」のストーリーを元にこのアニメのために書き下ろした楽曲。ブンブンサテライツのメンバーはこのテーマソングを担当するにあたり「ガンダム・シリーズはこれまでに”機動戦士ガンダム”という大きな器として誕生以降、数多くの作品を描いてきたと思います。僕らは今年デビュー15周年を迎えますが、ユニコーンのようにガンダムが紡いできた歴史を新たな形で表現し続け、常に挑戦し続ける姿勢でありたいと思います。新曲『BOROKEN MIRROR』にはそんな思いを込めました」と意気込みを語っている。
 3月22日からゲストにサカナクション、マキシマム ザ ホルモン、9mm Parabellum Bulletという個性豊かな実力派若手ゲストがジャンルを越えて各会場に招かれた「BRANDNEW CHAPTER ―GARDEN OF DELIGHT―」と題されたイベントツアーをスタートさせ、すでにアグレッシブに今年の活動を始動させたブンブンサテライツ。
 鮮烈なヨーロッパデビューから、現在に至るまでワールドワイドに活動し、時代やフォーマットに埋もれることなく、独特な世界観で音楽シーンに一石を投じ続けてきたブンブンサテライツの集大成を魅せる特別な1年の幕開けにふさわしいこの最強コラボレーションに注目したい。この楽曲の詳細に関しては近日発表される。