<写真>ナオト・インティライミ 2012年に入るや否や、7枚目のシングル「君に逢いたかった」がオリコンウィークリーチャート8位を獲得、レコチョクのウィークリーチャートで1位獲得するなど、好調なナオト・インティライミが8枚目のシングル「愛してた」(CDシングルは3月28日発売)の着うた先行配信が3月7日よりスタート。
 先日、この「愛してた」のナオト・インティライミによる「弾き語りバージョン」映像もYouTubeで公開され話題となっていたばかりだが、3月7日より「愛してた」着うた(R)配信がスタートすると、レコチョク着うたデイリーランキング2位(3月7日付)を獲得。別れや新たな出会いを感じずにはいられないこの季節にピッタリな、別れの歌なのにラブソングが話題となっている。
 ナオト・インティライミは「新曲ですが、やっとバラードをシングルで出せる機会が来ましたね。ピアノを弾いていたら、メロディと歌詞がバーッと浮かんできたんです。すごく切ないメロディに呼ばれて「愛してた」という言葉が出てきて、無我夢中で曲を作って、数十分でほぼ世界観が完成してました。誰でも、心から好きだった人、愛してた人が一人はいると思うんですが、叶わなければあまり掘り起こしたくない思い出かもしれないけど、自分の中にあるほろ苦い思い出と重ね合わせつつ、曲を聞いて欲しいです」とコメントしている。