<写真>ナオト・インティライミ 昨年2月にリリースしたシングル「今のキミを忘れない」が100万ダウンロード越える大ヒットを記録、セカンドアルバム「ADVENTURE」もオリコン初登場3位を記録、また年末には代々木第一体育館を即完させるなど、ヒットアーティストの仲間入りを果たしたナオト・インティライミ。
 2012年、7枚目のシングル「君に逢いたかった」がレコチョクのウィークリーチャートで1位を獲得し、幸先の良いスタートを切ると、3月に8枚目のシングル「愛してた」のリリースが決定した。
 暦も3月に差し掛かり、別れや新たな出会いを感じずにはいられないこの季節にピッタリな、別れの歌なのにラブソングという、複雑な想いをのせた、もう一つの愛の歌に仕上がっている。
  3月28日のCDリリースに先駆け、「愛してた」着うたが、レコチョク他で3月7日より緊急配信が決定した。
  それに伴い、この「愛してた」のナオト・インティライミによる「弾き語りバージョン」映像もYouTubeで公開される。
 “太陽のお祭り男=ナオト・インティライミ”が、普段とは違った雰囲気で、ムードたっぷりにピアノで弾き語る切ないラブソング「愛してた」は、本年リリースの中でも最注目のラブソングと言っても過言ではなさそうだ。