<写真>きゃりーぱみゅぱみゅ きゃりーぱみゅぱみゅが、江崎グリコの口中ケアタブレット「BREO(ブレオ)」のイメージキャラクターに決定。新広告キャンペーンが2月27日から開始されている。キャンペーンでは、様々な役柄の設定で、きゃりーぱみゅぱみゅが登場。新宿・渋谷など都内主要各駅構内にて、4変化で登場する特大ポスターが貼り出される。また、4月中旬からは渋谷で、きゃりーぱみゅぱみゅの特大の屋外広告が見られるほか、イベントも実施される予定だ。
 現在、そのファッションセンスに加え、独特の歌とダンスパフォーマンスで、若い女性を中心に絶大な人気を誇るきゃりーぱみゅぱみゅ。彼女の持つ圧倒的なパワーと、先進的かつ個性的なキャラクターが、味もパッケージもリニューアルした「BREO」の新しい“顔”として最もふさわしいことから、白羽の矢が立った。
 話題のポスターでは、きゃりーぱみゅぱみゅが、様々な役柄に変身し、日本全国の人たちへ「舌ケア」と「キレイな息」の重要性をアピール。彼女自身がプロデュースした独特のファッションスタイルの男性サラリーマン、女子高生、CA(キャビンアテンダント)、さらには宇宙人?が登場します。それぞれ、「あいさつ前に」「おしゃべり前に」「おしごと前に」「わかりあう前に」と、対人接触前のエチケットとして「舌ケアで、息キレイ」と訴える。
 サラリーマンの奇抜でコミカルな髪型。女子高生のキュートなショッキングピンク色のセーラー服や、カバン・頭の飾り物。CAの未来的な制服。摩訶不思議な宇宙人。そして、よく見るといっぱいに伸ばした舌には鮮やかに「ブレオタベロ」というメッセージが隠されているなど、彼女ならではの個性的な世界観が満載だ。
 きゃりーぱみゅぱみゅは「いそうでいなさそうなヘンテコな感じを出したくて、衣装や髪形にいろいろアイデアを出させてもらいました。 一番のお気に入りは、宇宙人(?)です。飛び出している目には、ちゃんと“つけま”つけました!」とコメント。