<写真>Angelo 昨年10月、ギター2名を迎え新生Angeloとして出発したAngeloの初のシングル「Calvary」の封入特典がネット上で大きな話題を呼んでいる。その特典内容とは、Live House「浦和ナルシス」でのライブに、抽選で250名無料招待というもので、応募数が、約3000通に達する勢いだ。
 この「浦和ナルシス」というライブハウスは、Angeloのメンバーのうちキリト(Vo)、KOHTA(Ba)、TAKEO(Dr)の音楽活動の黎明期の拠点であり、Angeloにとってもファンにとっても大きな意義を持つ場所だ。
 そして、いわば、Angeloの音楽活動における原点とも言えるこの場所で開催されるライブは、Vo.キリト本人の立案によるものだという。
 このシングル「Calvary」というタイトルは、キリストが十字架に架けられた丘(=ゴルゴダの丘)である「カルバリの丘」から取られており、今一度原点に立つという意味合いの強い楽曲。ヘヴィーで攻撃的なサウンドで構成されたこの曲を引っさげた5人のAngeloは、バンドとしてももう一度原点に立ち、より高い頂きを目指す初心に帰るという気持ちでこの「浦和ナルシス」での無料ライブを敢行する。
 キリトも「浦和ナルシスは、個人的にも原点な場所で、5人になった新生Angeloが立つべきステージとしてもふさわしい場所だと思っている」と原点回帰のライブを楽しみにしているとのこと。そんなAngeloは、24日、25日と渋谷公会堂にてLIVEを行う(両日ともSOLD OUT)。幸運にもこのライブに参加出来る人は、ぜひこの歴史的瞬間を目に焼き付けて欲しい。