<写真>真崎ゆか 昨年、第44回日本有線対象有線放送協会賞を受賞した、新世代本格派R&Bシンガー・真崎ゆかさんが、3月14日にリリースされる新曲「願い feat.K.J.」を、2月19日に参加したライブで初披露した。
 真崎さんが、新曲を披露したのは、2月19日にshibuya egg-manにて開催されたイベント「FUNKY EGG!!! -mini- vol.1」。7アーティストが出演したオムニバスイベントの6番目として登場した真崎さんは、着うたがヒットした「last Kiss feat.KG」などバラードを中心に圧倒的なステージを展開。この前日は、札幌でのクラブイベントに出演していたため、帰京した直後のライブとなったが、疲れは全く見せず、その強く、ハスキーな歌声で集まった観客を魅了した。
 そして、ライブの最後には「禁断の恋をしている女性の気持ちを歌った曲です」と、新曲「願いfeat.K.J.」を紹介。この日が新曲の初披露となったが、その叶わぬ純愛を歌った切ない歌詞と真崎さんの歌声に会場全体が酔いしれ、大きな拍手が贈られていた。
 3月14日にリリースされるニューシングル「願い feat.K.J.」は、叶わない恋を歌うシンガー、真崎さんの真骨頂とも言える「不倫」ソング。MAY'S、Tiara、YU-Aさん、Lisa Halim&JAY’EDなど、様々なアーティストとのコラボで、数々のスマッシュヒットを生み出しているK.J.をフューチャリングアーティストに迎え“禁断の純愛”を歌った珠玉の一曲だ。
 この新曲「願い feat.K.J.」は、CDのリリースに先駆けて、2月22日から着うたフルが、レコチョクにて配信開始されている。