<写真>オープニングテーマに起用されたHemenway(2012年2月19日)

TVアニメ「エウレカセブンAO」のオープニングテーマに起用されたHemenway

 4人組多国籍ロックバンドHemenway(ヘメンウェイ)の新曲が、今年4月からスタートするTVアニメ「エウレカセブンAO」のオープニングテーマに抜擢されたことが16日に行われた製作発表会にて発表された。

 「エウレカセブンAO」は2005年より放送された「交響詩篇エウレカセブン」の続編。前作は、魅力的な世界観と斬新なロボット・アクション、そしてストレートなボーイ・ミーツ・ガールを描き、多くのファンを魅了してヒット作となった。今作は前作の魅力を受け継ぎつつ、更に新たなストーリーを紡ぎ出すということで、4月の放送開始前からかなりの注目を浴びている。そんな注目アニメのオープニングテーマアーティストに、今、最も期待の新人バンドHemenwayが起用された。

 Hemenwayは、日本の音楽シーンに憧れて来日したVo&Gt・IsaacとGt・Charmの韓国系アメリカ人2人とBa・OgachingとDr・Toshiの日本人2人からなる多国籍バンド。米・ボストンにあるバークリー音楽大学で出会った4人で、IsaacとCharmが日本の音楽シーンで活動を熱望し来日したのがきっかけで2010年にバンド結成した。その後瞬く間にメジャーデビューが決定し、昨年11月にシングル「Listen」でデビュー。今年1月25日に2ndシングル「バイマイサイド」(テレビ東京系アニメーション「NARUTO-ナルト- 疾風伝」エンディングテーマ)をリリースしている。

 日本の音楽シーンに憧れてきただけにJ-ROCKを研究し尽くしている彼らの楽曲のレベルや演奏スキルの高さは国内外問わず注目を集めており、2ndシングル「バイマイサイド」は世界20カ国で配信されている。そんなHemenwayの新曲が早くも大型タイアップ決定となった。

 オープニングテーマのタイトルは「Escape」。今回作詞作曲を担当したVo/GtのIsaac(アイザック)は「主人公のアオと自分との共通点が多くて驚きました。『Escape』は夢へと抜けだそうという前向きな気持ちを込めて名付けました」とコメントしている。

 「エウレカセブンAO」の公式サイトが本オープンし、TOPにてオープニングテーマ「Escape」と共に「エウレカセブンAO」の90秒PVが視聴スタート。合わせてHemenwayのオフィシャルHPでも新曲「Escape」90秒試聴がスタートする。Hemenwayは来月3月には初のワンマンライブも控えている。

 メンバーのIsaacは「非常に嬉しいです。曲を書く前にアニメの世界観を読ませて頂いたのですが、主人公のアオと自分との共通点が多いことに驚きました。僕は12歳の頃に韓国からアメリカに移り、思春期を過ごしました。急に環境が変わったので、僕はそこになかなか馴染めず、考え方や文化的な部分も異なることが多く、本当に辛い時期でした。その中で唯一僕の楽しみだったのが日本の音楽だったのです」

 「いつか日本に行って音楽がやりたいという気持ちだけでその時間が我慢できました。こういう環境から夢へと抜け出そうという前向きな気持ちを込めて『Escape』と名付けました。実作業では歌詞の部分で自分とアオとの接点を見つけるのが大変でしたが、どちらも伝わればいいと思います」とコメントしている。