<写真>牛田智大 クラシック音楽界に未来の大器が現れた!? 2011年10月の「題名のない音楽会」に出演して以来、話題を集めているピアニスト、牛田智大(うしだともはる)さんがその人である。
 現在12歳の彼は、5歳にして上海市で行われたコンクールで1700人の中から見事1位を獲得。さらにショパン国際ピアノコンクールin ASIAでは、それぞれの部門で5年連続の第1位という快挙をとげている。
 彼の演奏の特徴はなんといっても華麗で繊細なピアニズム。12歳のものとは思えないその演奏は各所で話題となり、ついにユニバーサル ミュージックと専属契約を結ぶに至り、クラシック日本人ピアニストとしては史上最年少のCDデビューとなった。
 2012年2月15日におこなわれた「UNIVERSAL MUSIC CLASSIC RECEPTION」では、『リスト:愛の夢 第3番』など3曲を披露。まだあどけなさが残る愛らしいルックスと、華麗で繊細な、天才的な演奏とのギャップが、国内外から集まった招待客の度肝を抜いた。
 クラシック界の重鎮たちも彼の才能に注目しており、コメントからもその才能がいかに素晴らしいものかおわかり頂けるだろう。
 ピアニスト中村紘子さんは「牛田智大くんは、夢をまとって天から降りてきた天使。その天衣無縫で無垢な幸福感に溢れたピアノは、今日の日本の私たちを限りなく力づけ励ましてくれるでしょう。そして、日本の未来は美しい、素晴らしい、と」。
 アンジェイ・ヤシンスキさん(第14-16回ショパン国際コンクール 審査委員長)も「あなたの演奏に多くの可能性と才能を感じることができました。素晴らしい点はそれぞれの音にしっかりとした意思と主張があること、そして多様な色彩感にも溢れていることです。技術面においても申し分なく、情感豊かに旋律を歌っていた点が優れていると感じました。今後、もっと多くのことを学び、たくさんのレパートリーに挑戦してもらいたいです」。
 3月14日にリリースされるデビューアルバム「愛の夢~牛田智大デビュー」は、彼が幼いころから愛し、弾き続けてきたピアノの小品が収められており、音楽の夢そして牛田智大さんの夢が雄弁に語られたピアノ名曲集といえる。
 また、今年7月17日に東京オペラシティーコンサートホールにて、デビュー公演を開催することも決定。これから日本のクラシック界を背負っていくであろう未来の大器、牛田さんの今後に活躍に期待される。