<写真>IMALU タレントで歌手のIMALUさん(22)が、約2年ぶりにニューシングル「4751日 もういないキミへ」をリリースする。同曲は、IMALUさんが幼少の頃から共に成長してきた愛犬“ルル”(犬種:ウェルシュ・コーギー)が一昨年に、不慮の事故で他界してしまったことを想い、綴った愛犬に贈るラブソング。作詞はIMALUさん本人が手掛け、楽曲はCrystal Kayさん、アンジェラ・アキさんらに楽曲を提供する酒井亮介氏がプロデュースしている。そしてこの度、そのPVが完成した。
 撮影は今年1月に神奈川県某所のハウススタジオと近隣の山中で実施。PVの監督を務めるのは、映像作家の島田大介氏(CHARA、RADWIMPSなどのPVも手掛ける)。PVでは、IMALUさん本人と愛する対象の交流を描きたかったという想いから、“愛らしい生物”(怪獣とも呼ばれ、本人は愛犬にちなんでルルと呼んでいる)が登場し、日常を思わせるような愛らしいシーンが数々登場する。ちなみに、タイトルの4751日は、IMALUさんとルルが過ごした13年と2日間の日数を意味しています。
 ペットロスというパーソナルで悲しいテーマである楽曲が、この“愛らしい生物”の登場で、観ている人々の心を温かくする。IMALUさんが初めて本音で歌詞を書いたメッセージソングは、人と動物の「絆」を教えてくれる感動PVとなっている。
 実はこの楽曲、かなり以前より、IMALUさんの犬好きの知人が曲を気に入り、インターネット上に犬の写真をつけて映像をアップしたところ、再生回数が16万回を超えるなど、一部では話題になっていた。
 またペットロスの経験を経て、犬の為に何か出来ないかと考えたIMALUさんは、自主的に日本獣医師会や動物愛護協会が主催する動物救護ボランティア参加。震災以後、立ち入り禁止になっている福島原発20km圏内に置き去りにされてしまった犬たちを保護している福島県の動物保護シェルターに足を運び、そこで保護されている犬の世話のボランティアにも参加している。
 ペットロスを乗り越えたIMALUさんが亡き愛犬に贈る、初めて本音で綴られたラブソング。本人は「私の場合は(愛犬)ルルに向けて書いた歌ですけれども、この曲は私だけの曲ではなくて、私と同じような経験をした方たちに共感してもらえたり、何か背中を押せるような曲だと思っています。皆さんのそれぞれの大事な、大切な亡くされたペットを想いながら、観てもらえたら嬉しいです」とコメントしている。