<写真>エスぺランサ 2011年グラミー最優秀新人賞を獲得し、各所話題沸騰となったべーシストでシンガーソングライターのエスぺランサさんが、グラミー受賞後初のアルバムとなる「ラジオ・ミュージック・ソサイエティ」を3月21日に発売する。
 ビルボードのコンテンポラリー・ジャズ・チャートで1位を獲得した前作「チェンバー・ミュージック・ソサイエティ」の対をなすアルバムという本作について本人は「もともとはこの2枚のアルバムをダブル・アルバムとして出そうと思っていたの。1枚はとても個人的で繊細な室内楽の探求、そして1枚目はジャズ・ミュージシャンがいわゆる『ポップ・ソング』のフォーマットに近く分類される曲の形式やメロディを探求していくもの。この2つこそ私がとても興味を持っていることで、それぞれのタイプの曲を書く中で異なるプレゼンテーション・アプローチについて考えることにとても好奇心が掻き立てられるの。ポップ・ソングの観点からいうと、ジャズが好きではないリスナーのことを考えるけれど、同時に音楽業界の中で私の周りにいてそれぞれのアイディアを最も良い形で解釈できる人のことを考えているわ」と語っている。
 既に世界中で賞賛を受けている彼女の最新作「ラジオ・ミュージック・ソサイエティ」も、多くのリスナーを惹きつけそうだが、米オバマ大統領もその才能に惚れ込んでいる一人。エスぺランサさんの大ファンであるオバマ大統領は「I love listening to Esperanza.She is wonderful.」とコメントしており、さらに大統領直々の招待により、ホワイトハウスやノーベル平和賞授賞式でライブを行うなど、そのゾッコンぶりはかなりのもの。
 米大統領をはじめ、世界中のリスナーを魅了するエスぺランサさんが手がけた、ブラック・ミュージックの最新形「ラジオ・ミュージック・ソサイエティ」。さらにデラックスエディションのDVDには、アルバム収録全12曲のMVが収録。12曲で1編のショート・ムーヴィーような仕上がるになっている模様。音でも映像でも彼女の作品を楽しんでもらいたい。
 先日、ビルボードのサイトにて発表された2012年の注目アルバムにエスペランサさんの「ラジオ・ミュージック・ソサイエティ」が選出。グラミー受賞後初のアルバムという事で、注目度は高い。