<写真>EXILE 昨年9月14日に発売された、東日本大震災復興支援チャリティーソングのEXILE「Rising Sun」が、2月1日付のレコチョク着うたフル月間ランキングで、5カ月ぶりに1位に返り咲き、ダウンロード数も100万ダウンロードを突破した。
 年明けの「めちゃ×2イケてるッ!新春スペシャル」では12月11日に東京ドームで行われた「EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH ~願いの塔~」にナインティナインの岡村隆史さん(41)が出演した様子が放送され、「Rising Sun」歌唱時にステージに乱入と、会場とお茶の間を盛り上げ、放送翌週のレコチョク週間ランキング(1月18日付)で「Rising Sun」が1位を獲得。単独アーティストによる1位獲得回数は史上最多となる23回となり記録を更新した。
 さらに、同曲が収録されている最新アルバム「EXILE JAPAN / Solo」もミリオン出荷目前で、オリコンアルバムランキング3週連続1位(1月9日・16日・23日付)、グループ・男性アーティストとしても史上初10年連続アルバム首位を獲得した。配信開始から約半年にして記録ずくめとなった。
 同曲は、被災地の復興を願うメッセージを大切に綴られたチャリティソング。歌詞に秘められた力強い鼓動が楽曲と重なり、深く心に聴こえてくる楽曲で、2011年「NHK紅白歌合戦」でも歌唱され、「EXILEが掲げる“日本を元気に”というメッセージを伝えられる楽曲を制作したい」というメンバーの強い気持ちがパフォーマンスにも現れていた。
 そんなEXILEは、昨年末に開催されオカザイル復活で盛り上がった「EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH ~願いの塔~」のライブDVDが3月14日にBlu-rayと同時発売される予定になっており、さらに4月14日の愛知・ナゴヤドームを皮切りに行われる「EXILE TRIBE LIVE TOUR 2012 ~TOWER OF WISH~」の開催も決定している。EXILEが作り上げるエンタテインメントはまだまだ日本を元気にしてくれそうである。