第26回日本ゴールドディスク大賞(日本レコード協会主催)の授賞式が1月27日、都内で開かれ、グランプリとなるアーティスト・オブ・ザ・イヤー(大賞)にAKB48が輝いた。
 同賞は昨年度(2010年11月1日~2011年10月31日)の正味売上に基づき表彰。AKB48は、アルバム139万970枚・組、シングル746万471枚、ビデオ64万3815枚・本、配信1197万5301ダウンロードを記録し、堂々のグランプリ獲得となった。
 またAKB48はシングル・オブ・ザ・イヤーも受賞しており、このうちベスト5シングルも「Everyday、カチューシャ」「風は吹いている」「桜の木になろう」「チャンスの順番」「フライングゲット」と独占し、まさにAKB48一色に染まった一年だった。