<写真>ハシエンダ マンチェスターで30年前に産声を上げた伝説のクラブ「ハシエンダ」。ニュー・オーダーが出資、ロックとダンスミュージックの融合と斬新なデザインワークの成功、ハッピー・マンデーズ、ストーン・ローゼスなどの数えきれないスターを輩出したことで知られる。マッドチェスター・ムーブメントの発祥地であり、セカンド・サマー・オブ・ラブといった音楽シーンの母体。かの地に全てのミュージックリスナーは魅了され、全世界へ影響力を持つシーンとなった。
 そして、今年、2012年、その語り継がれる伝説の30周年を祝うべく、「ハシエンダ大磯フェスティバル」が、4月28日(土)、4月29日(日)のゴールデンウィークの2日間に渡って、壮大な太平洋を望む大磯ロングビーチの屋内/野外の特設会場で開催される。
 今回、強力なパートナーとして2010年晴海でエレクトリックミュージック信者を熱狂させたAudio Festivalとタッグを組むこととなった。
 1月21日には、ライブストリーミング番組「Dommune」にジョイ・デヴィジョン/ニューオーダー(JOY DIVISION / NEW ORDER)のPeter Hook本人が登場し、なんと本人の口から出演ラインアップ第一弾を発表。PETER HOOK & THE LIGHT PERFORMING JOY DIVISIONをはじめ、THE CHARLATANS、SHARAM、SATOSHI TOMIIE、X-PRESS 2、SUGIURUMN、YODA、LILLIES AND REMAINS、BREMENといった、総勢40組を超える錚々たるビッグネームが名を連ねる、一大イベントになることが明らかとなった。
  そして、THE CHARLATANSは5thアルバムTellin' Storiesの15周年記念として同アルバムのセットを、PETER HOOK & THE LIGHTが28日に伝説の1stアルバムUNKNOWN PLESURES、29日に2ndにして最終アルバムCLOSERを再現することが決定した。
 新たな伝説を生むべく、世界最高水準のDJやバンドが2日間にわたり繰り広げる音のイデオロギーは今年最高のイベントになるに間違いないと同時にラインアップ発表第二弾からも目が離せない。