<写真>レミオロメン 昨年末、バンド結成日にあたる12月6日にソロデビューを発表し、大きな反響を呼んだレミオロメンのフロントマン藤巻亮太さん。彼の誕生日である1月12日から、レコチョク・OORONG-SHA MOBILE・iTunes等で一斉先行配信がスタートしている。
 ソロデビューシングル『光をあつめて』(CD発売2月29日)について、そのCDパッケージの全貌が開設したばかりの藤巻亮太さんオフィシャル・サイトで発表された。
 まずは気になる収録曲。シンプルなバンドサウンドに凛とした力強さが宿るタイトルチューン「光をあつめて」、シンガーソングライター藤巻亮太さんとしての新たな魅力が詰まった「ひとりぼっち」、さらに東京・代々木第一体育館で行われた大型ライブイベント『LAWSON presents MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE』で初披露された新曲「キャッチ&ボール」、同公演のライブバージョンの合計3曲。
 震災後に音楽と自分自身とひたすら真摯に向き合う事で生まれ、復興地でも“歌の炊き出し”として何度も歌い続けてきたリードトラック「光をあつめて」はもとより、記念すべきソロ初のライブパフォーマンスとなったライブ音源がスタジオ録音に先がけ早くも届けられるという、聴きどころ満載のファーストシングルは、今後ソロとして発信していく藤巻亮太さんの音楽性を垣間見れる外せないアイテムになることは間違いないだろう。
 また、収録内容に加えスペシャルなライブイベントの開催も発表。2012年4月12日東京・赤坂BLITZで行われる、1st Single「光をあつめて」購入者を対象としたこのイベント、ライブハウス規模でのレアでプレミアムなステージはファンならずとも気になるところ。
 当ライブイベント応募の条件は、シングルCD「光をあつめて」の初回生産分にのみ封入さ
れるシリアルナンバー応募券を手に入れることから。発売後の店頭は品薄が予想されるため、まずは事前予約で確実にGETしておきたい。
 「光をあつめて」配信スタート日を期に、オフィシャルTwitterもスタートするなど、遂にソロ始動のひとつひとつが明らかになってきた、レミオロメンのフロントマンにして日本でも有数のシンガーソングライター藤巻亮太さん。今後の活動にも要注目である。