<写真>益若つばさ 昨年7月に音楽プロジェクト名“Milky Bunny”でCDデビューを果たした益若つばさが11日、セカンドシングル「ずるいよ…/I Wish」のダブルAサイドシングルをリリース。その発売を記念して、SHIBUYA 109特設ステージにてゲリラライブを行った。
 SHIBUYA 109の看板、街頭ビジョンなど、渋谷がMilky Bunny一色となったこの日。事前告知一切なしにも関わらず、SHIBUYA 109特設ステージ前はMilky Bunnyの登場と共に約500人のファンで溢れパニック寸前となった。一時通行規制がかかるほどファン達が熱狂する中、セカンドシングル収録の「ずるいよ…」、「I Wish」の2曲を歌い上げた。
 カリスマ読モとして活躍していた彼女にとって、SHIBUYA 109は特別な場所。昨年のデビュー日にもこの場所でサプライズイベントを予定していたが、大型台風の急接近によりやむなく中止になったというエピソードをライブトークでは語るとともに「今日、実現できたことが本当に嬉しい」と感慨深げな表情を浮かべた。
 今回、両曲とも本人が作詞を担当しており、ライブトークではその歌詞の内容も語った。「『ずるいよ…』は恋人達の本当の内情をリアルに描いた曲。すでにレコチョクで着うたを先行配信していたんですが、“すごく共感できる”という声をいただいていてとっても嬉しいです」。
 「ずるいよ…」とはがらりと雰囲気の違ったアップテンポな楽曲「I Wish」については、「友達との友情を歌っていて、ライブでもすでに披露しているんですが、お客さんが今日みたいにノリノリになってくれるから歌ってい て楽しいです!『ずるいよ…』でしっとりして、『I Wish』でテンションアップする、ジェットコースターみたいな1枚になっています!」と、満足げな笑みを見せた。
 また、「ずるいよ…」は自身がプロデュースしているコスメブランド「Dolly Wink」のCMタイアップ曲になっており、初回1万枚のみの前代未聞のオリジナルタイアップのアイラッシュ(つけまつげ)付き豪華盤として発売。「今日もそのつけまをつけて来ました。初心者でもつけやすいナチュラルタイプなので、ぜひCDを買って“つけま”にチャレンジして欲しいです!」と、笑顔で語った。
 その後の囲み取材では「益若が“ずるい”と思う人はいますか?」との質問に「息子かな。さっきまで「ママが一番可愛い」って言っていたのに、その次の瞬間に友達の女の子に向かって『可愛いね』って言っていたりして。ずるい息子です(笑)」と、母と息子の微笑ましいエピソードも披露してくれた。
 さらに、1月12日からスタートしたフジテレビ系ドラマ「最後から二番目の恋」(木曜10時)にて、美人脚本家役で女優デビューも果たす彼女。歌手、女優、モデルとして更に活躍の場を広げる益若つばさから目が離せない。