<写真>アジカン 1月18日に初のベスト・アルバムのリリースが迫ってきたアジアン・カンフー・ジェネレーションに、世界各国から続々と強力な助っ人(?)が出現している。
 先日、まずはメキシコから2組のコピーバンド、メキシカン・カンフー・ジェネレーションとメキシカン・カンフー・ジェネレーションZとがカバー動画を公開し、大きな話題をさらったが、今度はアフリカ、フランスにて新たなカンフー・ジェネレーションが登場。その名もアフリカン・カンフー・ジェネレーションと、ヨーロピアン・カンフー・ジェネレーション、それぞれのお国柄を存分に注ぎ込んだ「リライト」を披露している。
 そんな彼ら、「アジカン応援企画」に賛同し、現地でのオーディションに参加。見事に熾烈(?)な競争に打ち勝ち各国代表バンドの座を射止めた。
 メキシコだけは甲乙つけがたく、「メキカン」と「メキカンZ」の2バンドを代表に選定。果たして、各国から寄せられた映像はどれも超強力!予想以上のクオリティに、CMへの使用も決定した。
 特設サイト(http://www.asiankung-fu.com/BESTHITAKG/)では、4組のカンフー・ジェネレーションの演奏に加え、お祝いコメントや、CM動画も見られる。