昨年大みそかに放送された第62回NHK紅白歌合戦の平均視聴率が、関東地区で41.6%(第2部)、関西地区で41.9%(同)、名古屋地区で46.6%(同)を記録したことがビデオリサーチの調べで分かった。関東・関西地区ともに4年連続で40%超えを果した。
 東日本大震災からの復興を願った今回の放送では「絆」をテーマにあらゆる応援歌が届けられた。その想いが被災地にも届いたようで、仙台地区では47.0%(第2部)を記録した。