ラルク 全国5大都市のアリーナ/ドーム会場を廻るL’Arc~en~Cielの“20th L’Anniversary TOUR”。そのファイナルとなった京セラドーム大阪2Daysはチケット発売開始後、たった数分でソールドアウトとなった。38,000人を収容するドーム球場にして巨大複合レジャー施設には開場時間前から多くのファンが周囲を取り囲み、開演の瞬間を待っていた。
 一日目。ステージ幅に配置された巨大LEDに映し出されたのは、メンバーの瞳や宇宙、そして天使が運ぶケーキが祝福する20th L’Anniversary。映像を駆使したドラマティックな演出と、煌びやかな照明に彩られて、客席の反応はオープニングからクライマックスを迎えたかのような盛り上がりをみせる。場内が暗転すると、静寂の中に響きわたったのはhydeの独唱だった。オープニングナンバーの「虹」は生ストリングスが施されたアレンジ。LEDが映し出すキャンドルをバックライトに浮かび上がるhydeのシルエットは、この曲が持つ深くシリアスな側面をより強いコントラストで浮かび上がらせているかのようだ。
 色彩豊かな「Caress of Venus」や「GOOD LUCK MY WAY」といったエッジの効いたナンバーが立て続けに演奏された前半。とりわけ「the Fourth Avenue cafe 」では、100m以上はあろうかというステージの最右翼から最左翼まで、メンバーはのっけからアクティヴな動きをみせる。
 「ハタチになりました、L’Arc~en~Cielです。オトナになったんで、北新地へ行こうと思います(笑)」というhydeのご当地MCに場内は沸き、「ずいぶん寒くなってきたよ。ちょっと涼しい曲を」と「winter fall」へ。雪の結晶やブルーを基調とした映像は楽曲にシンクロして雰囲気を大いに盛り上げる。続けて演奏された「fate」もクールな質感を持つナンバーであり、この季節にピッタリな選曲であった。また、「As if in a dream」「風の行方」といった初期のナンバーは、ひときわ大きな反応で客席に迎えられる。思えば、常に上昇してきたメンバーに呼応するように、L’Arc~en~Cielが生み出す楽曲たちも、見る角度によって発色が変わるプリズムのごとく様々な光を発して変化してきた。形を変えて羽化する蝶のような生態、羽ばたく未来が垣間見られた感じすらある。
 ステージ左右に再びオーケストラボックスが現れると、曲は「forbidden lover」。LEDに俯瞰から映し出されたyukihiroのスネア。そのビートは力強い。淡々と、しかし感情の起伏を表すかのようなダイナミズムが、楽曲の持つ壮大な物語を盛り上げる。瓦礫に築く楽園を歌ったこの曲から、夢を描く「MY HEART DRAWS A DREAM」の流れは圧巻。導入となるkenのギターソロはドリーミーで、闇を浄化させるような輝かしいトーンに溢れていた。
 ひときわ会場を湧かせた「REVELATION」の後は、怒濤の後半戦。勢いにのった「HONEY」から、「大阪!行こうぜ!」というhydeの声を挟んで「SEAVENTH HEAVEN」「Blurry Eyes」へ。tetsuyaがはじき出す艶やかなグルーヴに、会場全体が生きているかのように鼓動する。恒例となっている曲中のMCでは「わっしょい!」の連発。ランウェイ(花道)上、tetsuyaとhydeが、1本のマイクでコーラスをとる姿がLEDに映し出されると大歓声が上がった。もはやステージと客席との距離はない。一体となるとはこういうことなのだと知らされるほど、ひとりひとりの一挙一動が熱い。「READY STEADY GO」エンディングのyukihiroのドラムソロは、そのエネルギーが一挙に放出されたかのようだった。
 長いインターバルを挟んで披露された「花葬」は、生のストリングスを絡めたアコースティック調アレンジが施されていた。サウンドも質感も異なりながら、その不変の儚さを掲げてより繊細に響く。そして、「X X X」「CHASE」といった最新のL’Arc~en~Cielが投影された楽曲を連発。オーバーヒート寸前のドームが大きく揺れる。
 「みんなはどんなクリスマスを過ごすのかな? クリスマスの予行練習でもしとくか。Merry Christmas! Hurry Xmas!」といったkenのMCに続いて演奏されたナンバーはもちろん「Hurry Xmas」。天井高くに“Hurry Xmas”の文字が投影されてドーム全体が一足早いクリスマスムード。また、そのMCで「メガネを買ったんだよ」とかけて見せたkenが、続く「Link」演奏中に再びメガネをかけて会場を見渡す場面に、会場からの喝采も。
 「お帰り!」という客席からの声に「ただいま」と応えるhyde。「この街からL’Arc~en~Cielが始まったんですよ。昨日、夜中に難波ROCKETSのほうに行ってきまして。記念写真を撮ってきました。あの頃からもう20年も経ってね。こんなに長く付き合ってもうてね。ほんま、感謝以外の言葉が見あたらへんわ。一緒に年とっていきましょう。これからも楽しみにしていてください」というMCに、拍手の輪が広がっていく光景がみえた。ラストナンバーは「BLESS」。ひとつの到達点を目指して成長していく過程を描いた曲だ。シンプルで力強いナンバーに客席は噛みしめるように聴き入っている。アコギからエレキに持ち替えたギターソロでは、ステージにホワイトフェザーが舞い散り、鳴り止まぬ祝福の中、初日の幕は閉じた。