ヒルクライム 12月3日(土)・宮城県気仙沼市の復興屋台村 気仙沼横町で行われた『やまだひさしのラジアンリミテッドF Pocky放課後のMUSICROOM』の公開録音にHilcrhyme・ステレオポニー・BREATHEが出演した。
 当日はあいにくの雨模様となり、予定されていたライブは中止となったが、雨の中集まってくれたリスナーの為にと各アーティストからのプレゼント抽選会が行われ、リスナーとのコミュニケーションを楽しんだ。
 プレゼント抽選会の合間には、先月設置された津波と同じ高さ8メートルのポール「きずなの塔」に2400個の発光ダイオード(LED)電球を円すい状に取り付けた、クリスマスツリー「祈りのビッグツリー」が点灯され、集まった市民ら約100人から歓声が上がった。
 メインパーソナリティーのやまだひさしさんから、ファンへのコメントを求められたHilcrhymeのDJ KATSUは「今日ライブ出来なかった分、ツアーで来年2月には岩手、3月に仙台に来る時は気合入れてくるから楽しみにして欲しい」と語り、TOCは「雨の中来てくれて有難う。必ず、またこのステージに帰ってくるから!」と約束。リスナーからの声援に何度も振り返り、手を振りながらステージを降りた。
 この後、各アーティストとメインパーソナリティーのやまだひさしさんが、屋台村の店舗を巡りラジオの収録も行われた。この模様は9日(金)〈25:00~29:00〉のJFN系列全国38局ネット「やまだひさしのラジアンリミテッドF」にて放送予定。
 Hilcrhymeが今週発売する3rdアルバム「RISING」には、日本が、皆が登って行けるようにという意味合いがあり、ジャケットには不死鳥らしき鳥の絵が描かれている。震災のあった2011年にしか書けなかったという、想いの詰まった『no one』や、この日クリスマスツリー点灯式で歌う予定だった『マイクリスマスキャロル』などを収録。
 3rdアルバム「RISING」は、12月7日に発売となる。