2010年から活動の拠点を海外にも移し、ハリウッド映画の撮影やレコーディングを進めてきた元KAT-TUNのメンバー赤西仁こと、JIN AKANISHI。全米でのデビュー・シングル『TEST DRIVE featuring JASON DERULO』が米ワーナー・ブラザーズ・レコードより2011年11月8日に配信リリースされることが決定した。また、同曲の日本発売も2011年12月7日にあわせて決定した。
 この作品でコラボレーションするジェイソン・デルーロとJIN AKANISHIは、同じ米ワーナー・ブラザーズ・レコードの仲間として意気投合し、夢の競演が実現。レコーディングは今年の前半、ロサンゼルスのスタジオにて行われた。お互いのヴォーカルにも意見を出し合い、丸1日かけてスタジオに籠もり、見事なハーモニーが生まれることに。本作『TEST DRIVE featuring JASON DERULO』は、全米ナンバー1の常連プロデューサー、JR・ロテムがプロデュース。JINとのコラボレーションは、いい刺激になったとジェイソンも語っている。
 「Jin is such a down to earth guy. I had so much fun recording with Jin. This track is a very special and magical track for me, that I am happy I can collaborate with Jin」- Jason Derulo
 『JINは気さくで本当にいいやつ。だからレコーディングもすごく楽しめた。この曲は自分にとってマジカルで特別な曲なので、JINと一緒にコラボレート出来て嬉しいよ』 - ジェイソン・デルーロ
 2011年春から夏まで、JIN AKANISHIはブタペストとロンドンでハリウッド大作映画『47-RONIN』の撮影を行う(主演:キアヌ・リーブス 監督:カール・リンシュ、2012年12月公開予定)。自ら一般人としてオーディションを受け、大石内蔵助の息子役、大石主税(おおいしちから)役を勝ち取る。リンシュ監督やプロデューサーも、後に彼が日本で既にスターであることを知り驚いたほど。初めて3Dアクション・ファンタジーの超大作に挑んだJINは、乗馬・殺陣のトレーニングから始まり、数ヶ月に及ぶハードな撮影をヨーロッパで行った。
 その合間に、米アルバムに向けてのミーティングやレコーディング等も行い、この秋から本格的な制作活動へ。自らもスタッフの一員としてミーティングなどに出席し、ビジュアルやビデオ、楽曲など全てのディレクションにも参加、全米の一流スタッフと新生JIN AKANISHIを創り上げて来た。
 またアルバム制作も順調で、現在THE STEREOTYPES(ザ・ステレオタイプス)とレコーディング中!The Stereotypesは昨年、米ビルボード誌で<最も注目すべき旬なプロデューサー>に選ばれて以来、ファーイースト・ムーヴメントやジャスティン・ビーバーなどの大ヒットでさらに大注目を浴びている3人組のプロデューサー・チーム。JIN AKANISHIの声とオーラに惚れ込み、映画の撮影のクランクアップを待って早速スタジオ・ワークが始まった。
 『Jinは、日本でスーパースターと聞いているけど本人は本当に傲ったところがないフレンドリーなやつだよ。深夜、早朝に及ぶレコーディングも、疲れた顔ひとつ見せずに納得いくまでとことん頑張ってくれた。僕たちも彼の頑張りに負けないよう、いいものを作るのに必死だったよ。とにかくJINのボーカルワークに注目して欲しい』 - THE STEREO TYPES
 ◆JIN AKANISHI本人のコメント『アメリカに渡ってこうして活動できるチャンスをもらえて嬉しく思います。自分の音楽がより多くの人とシェア出来るのが楽しみです。これも、サポートしてくれるファンのお陰と感謝しています』