シャリース 1stアルバム「CHARICE」がUSビルボード・アルバムチャートでアジア人初のTOP10入りを果たし、日本でも20万枚を超える大ヒット中のシャリース。ファイナルファンタジーXIII-2のテーマソングに決定した「New World」、ドラマ「ブルドクター」主題歌「Far As The Sky」を収録した2ndアルバム「∞(Infinity)」を10月5日に日本先行リリースした。
 そして、そのアルバム発売を記念して、発売日の10月5日、新宿ステーションスクエアにて「シャリース『∞(Infinity)』リリース記念「Special“One Day”Free Live」を実施し、アルバム収録曲をライブで初披露した。
 悪天候の中でのライブでしたが、事前に場所が明かされなかったのにも関わらず、のべ1,000人が集まり、新宿駅前は寒さを忘れるほどの熱気に。またこのライブの模様は世界中のシャリースのファンに向け、ライブ映像がUstreamでインターネット生中継された。
 ライブではアルバムより5曲を披露しました。M1:「Louder」(めざましテレビ占いコーナーソング)、M2:「One Day」(ワンデー アキビュー モイスト タイアップソング)、M3:「New World」(ファイナルファンタジーXII-2テーマソング)、M4:「Far As The Sky」(日本テレビ系ドラマ「ブルドクター」主題歌)、M5:「Before It Explodes」と、すでに聴きなじみのある楽曲ばかり。
 2曲目に披露された「One Day」では、「ワンデー アキビュー モイスト」とシャリースとのコラボレーション企画として実施された、一般公募のバックダンサーオーディションから選ばれたフレッシュなダンサー4名、中島優花さん(21)、下山茜さん(21)、中村光希さん(20)、山本彰吾くん(16)、名付けてダンスユニット“アキュビュー”が登場。大舞台でのパフォーマンスは初めての4人だったものの、シャリースからパフォーマンスを絶賛されるほど、見事共演を果たした。
 このオーディションは、フィリピンの貧しい家庭出身にも関わらず、自らの努力と才能で夢を叶えてきたシャリースのように、1日1日新しい自分になろうと夢に向かってチャレンジしている日本の若者を応援しようと実施され、全国から400人を超える応募が殺到した。
 そして、その中から夢を掴み取ったダンサー4名が、いつか叶えたい夢に向かって突き進む強い意志を歌った新曲「One Day」で、シャリースと共演するという自身の夢をひとつここで叶えました。なおこのダンスユニット“アキュビュー”は、これから制作される「One Day」日本オリジナルミュージックビデオにも起用されることが決定している。