COMA-CHI 歌とラップを自在に操り、雑多な音楽の上を独特の歌詞世界とフロウで縦横無尽に乗りこなす、シンガーソングライターのCOMA-CHIが9月23日、神奈川・江ノ島展望塔にてライブイベント「Sunset Lounge」に出演した。
 この日のライブイベント「Sunset Lounge」は、海に囲まれたリゾート感あふれる会場で開催。集まった観客は、多種多様なアーティストが参加した音楽ライブ・アート・パフォーマンスを堪能した。
 今回、COMA-CHIは、プロデュースユニット「SUBURBAN」と登場。SUBURBANのライブが始まると、一気にステージ前に観客が押し寄せた。そして、メンバーと会場からのコールで、COMA-CHIがステージに登場。ギター、ベース、トランペット、DJという、この日初めて挑戦した編成とは思えない圧巻のパフォーマンスを披露した。
 COMA-CHIは「初めてのこういう形のライブですが、呼吸もピッタリでサイコーです!」とこの日の感想をコメント。この日は、ラップナンバー「B-GIRL イズム」や、会場となった湘南をイメージして作ったという「FREEDOM SUNSET」など計3曲を披露。ヒューマンビートボックスのAFRAが緊急参戦する場面もあった。
 この日集まった観客は、ラップ曲から、四つ打ちのサウンドまでを乗りこなす、まさにCOMA-CHIの第2章の幕開けと呼ぶにふさわしいステージに、一様に魅了されていた。
 ライブ中に、11月23日に絵本付EP『太陽を呼ぶ少年』発売することを発表したCOMA-CHI。11月18日には、フルバンドのワンマンライブもSHIBUYA BOXXにて決定しており、いよいよ始まる彼女の第2章がスタートする。