橋本江莉果 7月27日シングル「I Know」でデビューしたシンガーの橋本江莉果さんがパリ、ミラノ、ロンドンと並び世界四大ファッションショーの一つであるニューヨークコレクションにて、ライブパフォーマンスとランウェイを歩くという日本人史上初の快挙を成し遂げた。
 ニューヨークコレクションはダナキャランニューヨーク、カルバンクラインなどアメリカの主要なブランドを始め、世界の名だたるブランドが参加する最高峰のファッションショーの一つ。今回はNe-Yoさんやアブリルラヴィーンさんというアメリカを代表するアーティストも自ブランドを展開。また、ビヨンセさんやアリシアキーズさん、スティングさん、ナオミキャンベルさんなど名だたるセレブがショーを観覧にくることでも有名だ。
 そんな中、橋本江莉果さんは黒人若手注目デザイナー、EDWING D’ANGELO(エドウィン・ディアンジェロ)さんのショーに出演。昨年ニューヨークでも活動していた橋本さんの圧倒的なLIVEパフォーマンスなどの情報を聞きつけたデザイナーEDWINGさんが、モデルとしても活動していた彼女にライブとランウェイのダブルオファーをしたことがきっかけで実現となった。
 ニューヨーク現地時間9月12日、約500人のファッション関係者やセレブで満員の会場となったSOHOのRed Bull Loft。橋本さんは「GIMME LOVE」のイントロにのせて、ダンサーを従えながら登場した。
 一言歌い始めたとたんに会場には熱狂が巻き起こり、ライウェイステージを目一杯に使ったパワフルなパフォーマンスであっという間に会場を沸かせた。LIVE終了後も鳴りやまぬ拍手の中、ショーがランウェイに移行すると、今度はランウェイ用に白いワンピースの衣装に身を包んだ彼女が再登場。最後のオールラインナップにも参加し、大盛り上がりのうちに全プログラムが終了した。
 佐藤さんはイベントを振り返り「最初は記憶がなくなるくらい緊張したけど、始まってしまったら楽しんでパフォーマンスすることができました。昔からの夢がここで一つ叶った!このチャンスをくれたEDWINGに感謝!そして夢は信じて努力していれば必ず叶うんだと今後は皆に伝えていきたい!」と語った。
 ファッションから音楽、ジャンルも国境も分け隔てなく活躍する橋本江莉果さんの活躍に今後も期待だ。