AK-69 名古屋を拠点に活動を続けるストリートHIP HOPアーティストAK-69が3日に、地元名古屋でTHE RED MAGIC RELEASE TOUR FINALを迎えた。その会場は、名古屋では国内外のトップアーティストがライブを行うことで有名な日本ガイシホール。
 AK-69自身、約1年以上前から日本ガイシホールでのライブを目標に全国的なツアー活動を地道に続け、インディーズでストリートHIPHOPのアーティストでは過去に例を見ない大規模なワンマンライブを大成功へと導いた。
 会場は、台風12号の影響にもかかわらず、彼の歴史的瞬間を目撃するために、開場前から長蛇の列で、地元のみならず全国からファンが駆けつけギッシリ満席。開演前は、彼の登場を待ちわびるファンの熱気に包まれ、特設ステージに設置された大型ビジョンにオープニング映像が流れた瞬間に、悲鳴に近い怒号と歓声が上がり、観客が総立ちになった。
 そのオープニング映像後に、主役であるAK-69がステージ最上段に、ステージ下からゆっくり直立した状態で登場。会場はマグマが一気に噴火したのような大歓声に包まれた。スタート1曲目「THE RED MAGIC」からアリーナはもちろん二階席の観客も大合唱。
 ステージでは、楽曲に合わせた様々なシチュエーションを演出し、ダンサーの洗練されたパフォーマンスや生バンド演奏でのパフォーマンス、そして何と会場の女性ファンを1人ステージに上げ、ソファーに一緒に座らせて歌うファンサービスも忘れないパフォーマンスもあり、この会場でしか観られないステージが繰り広げられた。壮大なステージセットや、LED映像・照明・花火などの演出は、本人が永年求めていたステージであり、それを実現したものとなった。ファンのことを一番に考える彼らしい「HIPHOPエンターテイメント」を追求したステージは圧巻の一言だった。
 このツアーファイナルにアルバム「THE RED MAGIC」に参加した客演アーティストも駆けつけ、AI、AKIRA、ANARCHY、A-1、BIG RON、CITY-ACE、CRAY-G、DJ GO、DJ MOTO、DJ OLDE-E、DUCK&MAKER、EL LATINO、"E"qual、G.B.L.、G.CUE、般若、HI-D、HOKT、Kayzabro、KJI、LA BONO、MACCHO、MINISTA K.C.、Mr.OZ、THREE-A、TWO-J、ZANG HAOZIなど(ABC順)がAK-69に華を添え会場のボルテージも最高潮に達し、全28曲を歌い終えた後は、AK-69本人によるアカペラフリースタイルを披露した。
 彼は最後に「まだ誰も成し得ていない伝説をつくり続ける」と言い残し、鳴り止まない大歓声の中、一つの伝説の幕を閉じた。
 今回のツアーファイナルにも登場したレーベルメイトであるZANG HAOZIが2ndアルバム「YELLOW BLOOD」を、さらに"E"qualも移籍第一弾アルバム「STAY GOLD」をリリースすることが決定し、AK-69が深く関わるアーティストのリリースが続く予定になっている。