坂本真綾 10月に「Buddy」と「おかえりなさい」のシングル2タイトルを発表する坂本真綾さんが、10月14日・15日に、上野水上野外音楽堂にて行われる、朗読活劇レチタ・カルダ「ジャンヌ・ダルク」に出演することが決定した。
 朗読活劇レチタ・カルダとは朗読、芝居、音楽が織り交ぜられ進行する舞台で、入念な構成、演出、迫真の語り、演技、そして徹底して質にこだわった音楽とのコラボレーションが見どころの、演劇でもなくミュージカルでもない、全く新しいジャンルの舞台である。
 今回、坂本さんはひとりで、スパニッシュコネクションの音楽とコラボレーションしながら、フランスを救った悲劇のヒロイン、「ジャンヌ・ダルク」の生涯を演じる。
 歌手、俳優、声優、ナレーター、エッセイストなど、多岐に渡る活動を行っている坂本真綾さん。彼女の今までの経験を凝縮した初めてのチャレンジに期待が高まる。
 チケットは9月3日より各プレイガイドにて一般発売が開始される。