コブクロが28日、札幌で行われたツアーファイナル後に、公式サイトで活動休止を発表した。ボーカルの&ギターの小渕健太郎さんが「発声時頸部ジストニア」を患ったことや、ボーカル黒田俊介も持病の腰痛悪化や喉に疲労があることから、しばらくの休養を決定した。これに伴い11月に和歌山で予定されていたファンフェスタは中止となる。
 発表文によれば、小渕さんは昨年末に声の不調を訴え、応急処置を施しながら今回のツアーに臨んでいたが、高音域の声を出そうとすると首周りの筋肉が異常に硬直し、声が出づらくなる症状は改善されずにいた。このため、専門医の診察を受けたところ「発声時頸部ジストニア」であることが分かり、少なくとも半年の休養が必要であると診断された。
 一方のボーカル黒田俊介も、持病である腰痛の悪化や喉に疲労があることから、今回の決定に至ったという。
 このため、11月のファンフェスタを始め、検討していたアルバムの発売や東北公演は白紙となる。所属事務所は公式サイトを通じて「この休養期間が、コブクロにとっての有意義な充電期間となり、活動を再開した際には、リフレッシュした新たなコブクロとして戻ってきたいという、二人の強い意志を尊重してのこの度の発表となりました」とコメント。
 続けて「2人とも痛めている箇所以外は問題ありません。いたって元気です。リハビリなど各種の体のケアをしながら、これまで通り、各ファンサイト内での活動は継続して参りますので、どうかしばらくのご猶予をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます」と理解を求めた。