NICO Touches the Walls au「LISMO!」CMソングに起用されている、ロックバンドのNICO Touches the Walls(ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ)が4日、東京ドームで節電のために行われるイベント「東京ドーム発電所 powered byジョージア」に登場した。
 同イベントは、7月26日から8月25日までのプロ野球・巨人戦の15試合で、一般募集した参加者が自転車による人力発電に挑み、ヒーローカーの動力に使用するというもので、アーティストとしては初の参加。
 メンバー本人たちも普段から車には乗らず、毎日自転車を愛用。自転車をこぐことは得意中の得意、作曲中も自転車に乗りながら行うという。さらに野球のファンでもあり、新曲「手をたたけ」にちなみ、選手への「拍手」という応援も含め、今回のイベントへ参加が決定致したとのこと。
 当日は、オーロラビジョンにメンバーが映しだされると大きな拍手で会場が沸き、当日訪れた4万3000人から注目を集めた。人力発電に臨んだメンバーからは「生でプロ野球を見るのは久しぶりなので楽しかった」、「普段ライブで使わない筋肉が悲鳴をあげてる」など、楽しみながらも発電に力を振り絞った感じが強く伝わってきた。
 また、来る8月10日午後9時より、番組『NICO Touches the Walls「手をたたけ」リリース記念!初めて見せます!聴かせます!スペシャル』の放映が決定した。同番組では、シングル「手をたたけ」(8月17日発売)よりその特典映像の一部が放映される。また、解禁されていない、ライブ音源より、投票数が多かったものが放映されるという企画も行われる。