矢沢洋子 昨年2月、アーティスト名を本名の「矢沢洋子」に改め、名刺代わりに自身の名前を冠した「YOKO YAZAWA」をリリースした彼女だが、1年振りのニューアルバム「Give Me!!!」が8月3日にリリースされた。前作からさらにロック色を強めつつも、バラエティに富んだ楽曲を多数したアルバムとなっている。
 まず表題曲でもある「Give Me!!!」は日本テレビ系「ハッピーMusic」のパワープレイに選ばれ、先行配信シングル「羅針盤」は、映画「少女たちの羅針盤」の主題歌であり、フジテレビ「ミューサタ」8月度エンディングテーマにも決定。さらにアルバム収録曲「夏風」は、テレビ朝日系全国ネット「ビートたけしのTVタックル」エンディングテーマとなっており、メディアの露出量だけでも矢沢洋子さんというアーティストの注目度がますます高くなっていることを窺わせる。
 また、アルバム収録曲の「アゲハ」は、Myspace music bank一般から応募された楽曲を採用するなど、実験的な試みにも挑戦していることも特筆すべき点だ。
 今週からは渋谷スクランブル交差点4面ビジョンジャックをはじめ、プロモーションを大々的に展開。ライブ活動も渋谷を中心に精力的に続けており、そのライブパフォーマンスの成長度合いも著しい矢沢洋子。8月26日・27日には、渋谷Milkywayにて、レコ発イベント、矢沢洋子「Give Me!!!」レコ発LIVE~頂戴×2 もっと頂戴~が2夜連続での開催される。