諸見里大介 配信限定ファーストシングル「すみれ」が好評だったシジマサウンズの、同セカンドシングル「ラムネ」が3日から配信が始まった。そのCMには、テレビ朝日系「アメトーーク!」などに出演し「滑舌悪い芸人」として脚光を浴びた芸人・諸見里大介さんが出演している。
 CMは現在、音楽専門チャンネル「MUSIC ON! TV」を中心に放映されている。CMではマイクの前に立つ諸見里さんが、シジマサウンズの新曲「ラムネ」のサビ部分を熱唱しているのだが、「サ行」が言えないその滑舌の悪さに、まったく別の曲になってしまっている。
 その様子が「面白い」と、動画共有サイトやTwitter上などで現在話題となっている。また、その好評を受けて、現在放映されている「レコーディング編」の他に、オフィシャルサイトにて「アカペラ編」「ナレーション編」も公開されている。
 シジマサウンズの新曲「ラムネ」は、「爽やかな初恋」をテーマに作られたサマーチューン。純粋な想いが詰まった歌詞に、青い空のように爽やかに響くメロディーが印象的で、メンバーの井出コウジさんは「曲を聞いていただいた後、ラムネが飲みたくなってもらえたら嬉しいです」と曲に込めた想いを語っている。
 また、この「ラムネ」のPVには、前作「すみれ」に引き続き、モデルの森星(もりひかり)さんを起用している。森さんは、前作「すみれ」のPVを観た、「デスノート」等多数のヒット作で知られる映画監督・金子修介氏の目に留まり、今冬公開予定の次作監督映画「青いソラ白い雲」の主演に抜擢されるなど、女優としての活躍が期待されている。