安室奈美恵 安室奈美恵の2011年第1弾となる新曲が26日、リリースされた。収録曲1曲目には現在新バージョンのCMが放送中のコーセー「ESPRIQUE」テレビCMソング「NAKED」、2曲目にはフジテレビ系アニメ「ONE PIECE」主題歌の「Fight Together」、3曲目にはNHK BS時代劇「テンペスト」主題歌の「Tempest」。この3曲を収録したトリプルA面シングルとして店頭に並んだ。
 「NAKED」はプロデュースに大沢伸一さん、作詞にVERBALさん(m-flo)を迎えた刺激満載なダンスナンバー。DVD盤にも収録されるミュージックビデオは“レジスタンス”をテーマに作成され、“身の回りの余計なものから抜け出して(NAKEDして)、今のこの時代だからこそ、一人一人が強い意思で立ち向かうべき”という強いメッセージ性を持った作品に。テレビ情報番組でも多く取り上げられ、音楽専門チャンネル「MTV」のヘビーローテーション“buzz clip”に決定するなど注目作だ。
 「Fight Together」は、安室本人も大ファンという“ワンピース”のために書き下ろし“仲間との絆”や“再出発”をテーマとした前向きなメッセージソング。震災前に制作されていた楽曲ではあったが、今、このシンプルなメッセージ(歌詞)が改めて大きな意味をもった。結果、同曲は着うた・着うたフルが、発売前にも関わらず両部門ともにウィークリーチャートで1位を獲得している。
 「Tempest」は、シングル楽曲としては実に7年振りの壮大なバラード曲。ミュージックビデオでも、ダンサーは一切登場せず、安室奈美恵本人のダンスシーンも無い。光の加減だけで表現された幻想的な世界に、何度みても見入ってしまう映像美を感じることが出来る作品だ。
 今作は、この“対照的かつ豪華”な3曲”を1枚にコンパイルした強力作で、また<CD+DVD盤>には楽曲のみならず映像作品にも定評のある安室奈美恵のミュージックビデオ2曲を収録するなど、一つの“作品”として非常に価値が高いと言える。
 安室といえば、今年4月に発売したばかりのベストコラボレーションアルバム「Checkmate!」で、数々の“究極”とも言えるコラボを実現して話題を呼んだばかり。今月末からは全国アリーナツアー「namie amuro LIVE STYLE 2011」もスタートし、あの脅威のパフォーマンスが全国を駆け巡る。