DOMINO 8月3日にミニアルバム「GO GiRL」をリリースする女性3人組ユニットのDOMINOが今、韓国で話題になっている。日本に先駆けて7月13日から韓国で新曲「GO GiiRL」を配信スタートさせ、韓国デビューを果たした。翌日のMBC地上波ニュースでは、ニュース検索チャートを報道するコーナーで検索チャート3位に入り「韓国に日本のガールズ・グループデビュー!韓国K-POP界に挑戦状」という内容で報道された。
 また、アジア圏大手ポータルサイト「NAVER」にDOMINOがメインニュースで面だしされ、その他数々のポータルサイトでDOMINOのニュースが掲載。本人たちも驚くほどに、韓国で広まっている。
 その翌日には、韓国の音楽専門チャンネルMnetの看板番組「M COUNTDOWN」に出演し、およそ300人のファンの前で新曲「GO GiRL」を披露した。「M COUNTDOWN」は、毎週木曜の午後6時に韓国から生放送されている音楽番組で、日本、中国、タイなどのアジア圏とアメリカでも放送されている。日本からは、「M COUNTDOWN」の見学ツアーまで組まれている程の大人気番組である。この番組に、日本でも人気のMBLAQやZE:A、T-araなどとともに出演。日本人女性グループとしては初めての出演となり、また、新人アーティストとしては、異例の大抜擢であった。
 DOMINOを初めて生で見たファンは、新曲「GO GiRL」を聴いて大変な盛り上がりを見せ、一緒に出演していたアーティストは「DOMINOは、ダンスがうまい!」「この衣装カワイイね!」など日本からきたアーティストを絶賛していた。
 ニューミニアルバム「GO GiRL」のリードトラック「GO GiRL」は、韓国の新進気鋭のアーティストDEEZさんがトラックを手掛け、彼が作りだしたキャッチーなトラックに歌詞をのせたのが、少女時代の「GEE」や「GENIE」の日本語歌詞を手掛けた中村彼方さんという強力なK-POPコンビが作り上げた「GO GiRL」があったことが今回の韓国デビューやテレビ出演のきっかけとなった。
 今、韓国で人気の新曲「GO GiRL」の着うたが、レコチョクはじめ、その他着うたサイトにて配信スタートしている。