<写真>活動休止へカウントダウンが始まった後藤真希(2011年7月20日)

活動休止へカウントダウンが始まった後藤真希

 年内一杯での活動休止を発表した後藤真希(25)が休止へ向けてカウントダウンが始まった。まず、エイベックス移籍後初にして活動休止前最後となるフルアルバム「愛言葉(VOICE)」から、注目の新曲「What is LOVE」「SCANDALOUS」の着うた・着うたフル配信をレコチョク超先行でスタートさせた。

 この2曲を引っさげ、30日から開幕する「a-nation 10th Anniversary for Life Charge and Go! ウイダーinゼリー」にメインアーティストとして出演。23日に新感覚ライブハウスnicofarreで開催されるa-nationプレイベントでもパフォーマンスする。

 アルバム「愛言葉(VOICE)」は、エイベックスからリリースされた3枚のミニアルバムの各リード曲、昨年夏に着うたでのスマッシュヒットを記録した話題のバラード「華詩 -hanauta-」の既発曲に、新曲を加えた計15曲を収録予定。過去3作では見られなかったハードでキャッチーなダンス曲など、新曲は表情豊かなキラーチューンが目白押しだ。

 同梱DVDは、エイベックス移籍後に制作された全ミュージックビデオ(MV)集。今秋発表されるアルバムリード最新曲のMVに加え、これまで商品化されなかったSWEET BLACKプロジェクトのMV「Queen Bee with BIGGA RAIJI」も収録。

 初回生産限定盤は通常盤CD+DVDに、移籍してから後藤真希名義で再デビューするまで参加したプロジェクトやフィーチャリング楽曲を完全網羅した「Collabo Works DISC」と題した特典CDと、最新曲のビデオをはじめ、後藤のさまざまな制作現場に密着した映像を収録した「Making Movie DISC」と題したスペシャルDVDを追加した、全DISCピクチャーレーベル4枚組。さらに未公開写真による15Pポストカードブックもついた豪華ボックス仕様となっている。

 また、12月4日には幕張メッセ・イベントホール(千葉市美浜区)にて活動休止前最後のソロコンサート「G-Emotion FINAL」を行うことも発表された。