初音ミク
「小さな自分と大きな世界 / 40mP feat.初音ミク」ジャケット写真
 オリコンウィークリーランキング6位獲得した(18日付)ボーカロイドコンピ第7弾「EXIT TUNES PRESENTS Vocalonation (ボカロネイション) feat.初音ミク」(6日発売)に続き、EXIT TUNESからテレビ東京系アニメ「FAIRY TAIL」オープニングテーマ曲「Evidence」の作詞・作曲など、ポップでさわやかなサウンドが特徴の大人気ボーカロイドP「40mP」(ヨンジュウメートルピー)の最新アルバム「小さな自分と大きな世界 / 40mP feat.初音ミク」が20日にリリースされた。
 作品のタイトル「小さな自分と大きな世界」はジャケットイラストからも想像ができる通り「40㎜の世界最小サイズ初音ミクの視点から眺めた世界」をコンセプトに、動画共有サイト50万再生以上を突破している「トリノコシティ」「タイムマシン」「妄想スケッチ」などの人気曲や、「からくりピエロ」などのここでしか聴くことができない新曲を収録したメジャーセカンドアルバムである。もちろん、全曲高音質リマスタリングで40mPの世界観が詰まったボリュームのある1枚となっている。
 40mP(ヨンジュウメートルピー)は、2010年5月7日発売のアルバム「LIFE SIZE NOTE -40mP-」でデビューしたOCALOIDプロデューサー。同アルバムで、オリコン初登場デイリーランキング7位を獲得。オリコン1位を獲得した「Vocalonexus」収録「トリノコシティ」は動画共有サイト70万再生を誇っている。
 ツイッターのフォロワー数はVOCALOIDプロデューサーでは異例の約2万人を超え、メジャーファーストアルバム「LIFE SIZE NOTE -40mP-発売以降も数々の人気曲を残し、その楽曲の魅力はVOCALOID以外にも波及し、2011年4月よりテレビ東京系アニメ「FAIRY TAIL」のオープニング主題歌「Evidence」を書き下ろした。
 ジャケットイラストレーターは、人気漫画雑誌「ウルトラジャンプ」2011年3月号のピンナップを担当したり、動画共有サイト60万再生を誇る「タイムマシン / 1640mP」の初音ミクイラストも手がけて、VOCALOIDの人気絵師でもある「ぎた(guitar)」が担当。今回は「40㎜の世界最小サイズ初音ミク」の世界を、40mPの楽曲の世界観を元に見事に表現している。