ロッカトレンチ
写真・YOSHIHARU OTA
 1日に代官山UNITで行なわれた自身が主催する対バンイベント「Active Rock Vol.1」のファイナル公演で、2ndアルバム「Bohemia」をリリースすることを発表したばかりのROCK’A’TRENCH(ロッカトレンチ)。今回、「Bohemia」の初回盤特典として、アコースティックを中心としたスタジオライブ映像7曲が収録されることが決定した。その中に収録される「Yeah Yeah Yeah」という楽曲(アルバム7曲目に収録)をアコースティックでダニエル・パウターさんとコラボすることが実現した。
 以前からダニエル・パウター(DANIEL PAWTER)さんの音楽性をリスペクトしていたというROCK’A’TRENCH。このアコースティック映像を収録する際に、何か一緒にやれたら…とメンバー間で話しており、パウターさん側に打診したところ、同じレーベルメイトとして快諾をしてくれたことで今回のコラボが実現した。
 円形のステージに絨毯が敷かれ、大人の雰囲気で演奏がスタート。ロッカトレンチの5人が向き合う円陣の中にパウターさんが入り、6人でのパフォーマンスがスタートした。イントロの山森さんのギターリフから始まり、そこにパウターさんのピアノが加わっていく。オータケさんのドラム、河原さんのベース、豊田さんのアコースティックギター、畠山さんのトロンボーンが徐々に加わっていく。パウターさんのピアノの旋律が鳴った瞬間、フロアーの空気が一遍し緊張感に包まれた。パウターさんもコーラスに加わり、迫力のある、最高のパフォーマンスが実現した。
 休憩中には、誰かしらが音を鳴らすとそれに合わせてそれぞれが音を重ね合わせ、終始、和やかなムードで収録が進められた。初めてのコラボとは思えないほどのパフォーマンスを見せ付け、まさに国境を越えた「バンドとピアノマンのコラボ」を見ることができた。
 なお、MUSIC ON! TVではこのアルバムのリリースを記念したスペシャル番組も放送予定である。
 ダニエル・パウターのコメント 彼らとのコラボは本当にアメージングな経験だったよ。彼らは結束力も強く、彼らは本当に良いバンドだよ。一緒にいい音も出せたしね。共演するに当たって、相手の事があまり分からないで曲を演奏する事もあるんだけど、彼らの場合はレコードと全く同じレベルの演奏力があって、僕もすぐに曲に入る事ができたんだ。彼らは本当に演奏力が優れていて、共演した曲(「Yeah Yeah Yeah」)は本当に良い曲だと思った。共演ができて、本当に光栄だよ。一番今回僕が気を付けたのは、ロッカトレンチの音楽は既に完璧だったから、あんまり出しゃばって、別の色を音楽に付けたくなかったんだ。バンドに合わせる様に演奏したつもりだよ。
 ロッカトレンチ山森大輔のコメント ダニエルと音を出してすぐ分かったのが、彼は職人的なミュージシャンだということ。決して器用で、セッションを楽々こなすタイプではない人だった(自分も同じタイプだからよく分かる)。だからこそ、今回共演をしてくれたことに感謝するし、手癖やセオリーで合奏するだけでは無い音楽が作れたと思う。別れ際、また一緒に音楽を創りたいねと話し、その二日後には彼から「アイディアがたくさんあるからいつでも言ってくれ」とメールが届いた。本当に最高なピアノマンだった。