X JAPAN X JAPANのニューシングル「JADE」が、13日より日本と東南アジア圏においてデジタルフォーマットで発売されているが、その「JADE」が日本でiTunesのシングルチャート、ロックチャート、ミュージックビデオチャートで堂々の1位デビューを飾った。「JADE」は、ニューアルバムからのファーストシングルとなり、現在アルバムレコーディングは最終段階に入っている。
 北米、ヨーロッパ、南アメリカ圏では6月から配信開始。アメリカ、イギリス、スイス、オランダ、イタリア、オーストリアでは各国iTunesロックチャートにチャートインし、フランス、ドイツ、フィンランドではiTunesロックチャートトップ10入り、スウェーデンとスペインに関してはロックチャートで1位を記録するなど、“世界のX JAPAN”を改めて印象づけた。
 「JADE」は作詞・作曲・プロデュースYoshikiさん、ミックスAndy Wallaceさんで、レコーディングは日本のスタジオとロサンゼルスにあるYoshikiさん所有のスタジオで敢行されたことでも話題となった一曲。ロサンゼルスのスタジオはYoshikiさんが購入しプライベートスタジオに改装する前、Metallica(メタリカ)の有名なアルバム「The Black Album」をレコーディングしたスタジオとしても有名だ。
 また、X JAPANはこの度、バンドキャリア初となるヨーロッパツアーを大成功に収めた。ロンドン、オランダ、そしてチケット発売の段階で定員オーバーだったため大きな会場へ変更したというドイツの全てでチケットはソールドアウト。パリでは6000人が会場を埋め尽くした。
 「ヨーロッパのオーディエンスの反応はバンドメンバーの想像を超えるものだった。ショーの始まりからファンのノリがすごくて、後半に向かうにつれて、もっともっと激しくなっていった。オランダのライブではファンの人達のボルテージが上がり過ぎてバリケードが突破されたり…各公演の最後にはバンドとファンが一体になって最高の高揚感を味わうことができた」とYoshikiさんは語る。
 また、何十年もの歴史のあるロンドンShepherds Bush Empireでは、会場始まって以来のグッズ売り上げを記録した。これは、昨年10月のニューヨークのローズランド・ボールルーム(Roseland Ballroom)公演と同じく歴代の快挙となった。
 ロンドン公演については英ロイターが大々的に特集。その他の公演についてもドイツRBB テレビやフランスのメジャーネットワークで報じられるなど、欧州においても快進撃を続けているX JAPAN。ニューアルバムのリリースを全世界が待ち望んでいると言えるだろう。