童子-T 今年ソロデビュー10周年を迎え、5月にリリースされた初のベストアルバム「10th ANNIVERSARY BEST」も好調な童子-Tさん、早くもニューシングル「誓い feat. YU-A」のリリースが決定し、CDの発売に先駆け、着うたが6月29日より各モバイル配信サイトにて先行配信された。
 童子-Tさんは「未だにライブでも一番号泣率が高く、キャリア至上最も長く愛され続けてる『願い』、せつな系で初めて挑戦したアップテンポの『想い』。東京への上京をテーマに描いたこの2曲に続くYU-Aと第3弾の『誓い』。前2曲のせつなさは残しつつ、ポジティブで、NEXT LEVELなコラボになっているので、また新たな童子-T&YU-Aの最強なマジックを期待していて下さい。『12 Love Stories 2』開幕です!!」とコメント。
 YU-Aは「『願い』は未だにみんなから愛されてる曲で、ライブなどでもかなり盛り上がる、私にとっても特別な曲なんです。デビュー前だった事もあり、全てが勉強でした。『願い』からYU-Aは始まりました。そして『想い』ではBPMを上げて切ない気持ちを歌いました。この曲はPVも出演し、気持ちのすれ違いを映像でも表現しています。そして今回の『誓い』では、これからもずっと一緒にいたいという純粋な気持ちを相手と誓いあう不安な気持ちと幸せな気持ちが入り混じった曲です!みんなに聴いて欲しいな!」とコメントしている。
 ゴールデン・コラボで生み出された「願い」「想い」は、CDシングル化こそされなかったものの、配信では130万ダウンロード超えの配信メガヒットを記録。新曲「誓い」は、その「願い」「想い」に続く三部作完結編とも言える位置づけで、しかも今回は待望のCDシングル化、そして今秋リリースの『12 Love Stories 2』にも収録される。