et-20110617-02.jpg 人気ユニットのmoumoon(ムームーン)が13日、全国ツアー東京公演を2007年のデビュー以来初めてホール(中野サンプラザ)で行った。月明かりをイメージしたライトップと月の表面をイメージした純白の布で覆われたステージに二人が登場すると会場は荘厳な雰囲気に包まれ、この日集まった2000人のファンを釘付けにした。
 ライブ序盤には「去年、私たちにたくさんの“出会い”をくれた曲です」と演奏された資生堂「アネッサ」のテレビCMソングとして大ヒットした「Sunshine Girl」が始まると会場を温かい空気で包み、2011年3月2日にリリースされたセカンドアルバム「15doors」の収録楽曲から、YUKAさん(Vo.)自身がCMにも出演するイオン・満月ロゼCMソング「moonlight」など計20曲を熱唱。YUKAさんの透明感のある透き通る歌声で約2000人のファンを魅了した。
 YUKAさんはMCで「こうやってツアーを再開出来たのも、本当にファンのみんなとメンバーやスタッフのおかげです。本当にみんな大好き!愛してるよー!」と涙で瞳をうるませながらコメントすると、会場のファンからも「大好き!」「愛してるよ!」などの大歓声で迎えられた。
 さらに、この日ライヴの模様がUstreamとニコニコ動画で完全生中継されニコニコ動画では来場者数約2万5000人が視聴し、会場に来れなかったファンからも多くの応援メッセージが寄せられた。
 moumoonのツアーは6月21日・仙台(darwin)でファイナルを向かえ、7月15日吉祥寺シャッフルで行われる「FULLMOON LIVE 2011.July on Ustream」がUstreamで配信決定。
 8月3日にはニューシングル「Chu Chu」がリリースされることが発表され、通算9枚目のシングルとなる今作は、既にCMタイアップが決定しているというタイトル曲「Chu Chu」をはじめ、8thシングル曲「moonlight」の英語ヴァージョンや、資生堂アネッサ2010CMソングとしてヒットした「Sunshine Girl」を含むサマーメドレーなど全5曲を収録。2形態でのリリースが決定しており、<ジャケットA>には「Chu Chu」のPVとメイキング映像を収めたDVDが付属する。
 またツアー会場で今作を予約した人には、各公演ごとに異なる“その日のLIVEの生写真”をプレゼントする企画も用意されている模様だ。このツアーを通して進化を遂げ、この夏また新たなステージに立ったmoumoonが見れることは間違いない。