氣志團 人気ロックバンドの氣志團が、7月2日にユアテックスタジアム仙台で行われるJリーグ公式試合「ベガルタ仙台VS名古屋グランパス」戦のハーフタイムショーに出演することが決まった。
 今回のきっかけは、かねてよりベガルタ仙台サポーターが氣志團の2003年に発売されたシングル曲「スウィンギン・ニッポン」の歌詞を替え応援歌として歌っていた事から始まる。
 3月11日の震災発生後、自分達らしい形で何か日本に元気を与えたいと模索していたリーダーの綾小路翔が、同曲のタイトル、歌詞を一部変更し「スタンディング・ニッポン」として新たにレコーディングを行い無料配信(4月26日よりスタート)する旨を提案。
 その際、以前よりベガルタ仙台サポーターの「スウィンギン・ニッポン」の歌詞替え応援歌の情報を知っていた事から、別バージョンとして、サポーターが作った歌詞をそのまま逆カバーし「スタンディング・センダイ」として同じく無料配信を5月19日より開始した。
 当初、「スタンディング・センダイ」の逆カバーは非公式であった為、スタジアムでの出演予定は無かったが、配信直後より、綾小路が行っているTwitterに凄まじい数のサポーターからの反響が送られ「いつの日か、皆さんの前でパフォーマンスする事を約束します。」と綾小路も熱いメッセージを送り続けていた。
 その後、双方の熱い想いがベガルタ球団側に届き、正式に氣志團へ出演オフォー、綾小路はTwitter上で誓ったサポーターとの約束を遂に果たす事になった。
 7月2日の出演に向けての綾小路さんは「ベガルタ仙台のサポーターの皆さん。来る7月2日。氣志團、遂にユアスタに見参致します。『スタンディング・センダイ」スタジアムで共に歌わせてください。今から既に胸が騒ぎ、心が震え、いても立ってもいられません。皆さんの最高の笑顔に逢えるのを楽しみにしています」と意欲を示している。