SOLAR-FREQUENCY-EP2-LOGO.jpg 2012年5月21日に東京で観測される金環日食に向けて、JEFF MILLSをメインアクトに迎え、昨年の5月に始動したカウントダウン・プロジェクト「SOLAR FREQUENCY」。3年間計画の中間到達点となる今年、6月18日(土)に「SOLAR FREQUENCY -Episode TWO-」が渋谷WOMBで開催される。
 今回、JEFF MILLSが最新アルバム「The Power」仕様のショーケースを世界初披露。渋谷WOMBを宇宙空間へと変貌させる。本日、JEFF MILLSがプロデュースするステージの図面が公式サイトで公開されたのでこちらも注目したい。
 「SOLAR FREQUENCY」は、昨年5月に「SOLAR FREQUENCY - Episode ONE -」として幕を開け、JEFF MILLSと国内のクラブシーンをリードするアーティストが共演し、音と映像、ライティングが見事にシンクロした空間を創り上げ話題となった。
 今回の「SOLAR FREQUENCY - Episode TWO -」で、JEFF MILLS自身が考案したプロジェクター3台と巨大スクリーンを駆使したショウケースを世界初披露。宇宙的コンセプトと密接にリンクしたエクスクルーシヴ・ロング・セットを決行するという。宇宙で創作されたアルバム「Sleeper Wakes」(09 年)、そして宇宙での体験を投影したというミックスCD「The Occurrence」(2010年)に続く、シリーズ三部作の最終章「The Power」。そのエクスペリメンタルなサウンドに込められた思想が、この日、明らかになるだろう。
 金環日食の瞬間への時空旅行こそが「SOLAR FREQUENCY」である。日食はいつの時代も人々の心を魅了する特別な現象。事実、“エクリプス・ハンター”と呼ばれる人たちが多数存在し、世界中の至るところで日食を体験している。2012年5月の「SOLAR FREQUENCY」にも各地からハンターたちが集まる。彼らとともに、そしてジェフ・ミルズとともに金環日食を迎えるとき、そこにはいまだかつてないほどの感動が待っている。
 前売チケットも6月17日まで発売されている。